ビタミンD(カルシフェロール)は、ホルモン活動自身を全くしないことを意味する脂溶性ステロイド・ホルモン前駆体ですが、皮膚内の光化学(紫外線B放射誘導性)合成メカニズムを通して、活性ホルモン形に変換されます。皮膚内での生成または、食物での摂取後に、肝臓および、腎臓内で器官システムの維持において重要な役割を果たす1  25ジヒドロキシビタミンDの形、ビタミンD(カルシトリオール)の生理的な活性形(1,25(OH)2D)に変換されます。