店頭で購入できる果物や野菜にはかなりの残留農薬が含まれていることがあります。場合によっては、汚染のレベルが非常に高いので、健康への有害な効果を無視することはできません。殺虫剤で汚染された商品を避けるために、理想的な環境条件で生育した植物がより新鮮で、従って過剰な化学的保護を必要としないのでシーズン中に産地給源の果物や野菜を捜すのが一般的に賢明と言えます。さらに、長距離を輸送されて来る製品の多くがかなりの量の化学薬品を使って鮮度を失わないよう保護されるていると考える必要があります。

更なるヒント:

「ワックスしていません」のフルーツの広告は、単に保護コーティング処理をしていないという意味です。オレンジまたは、レモンの皮を使いたい場合は、有機栽培の果実を選んでください。一般に、有機栽培された果物と野菜はたいてい残留物がありません。この理由で、育児食を準備する場合は、有機栽培製品を使用すべきです。

殺虫剤による汚染は、季節によって大いに変わります:1月から5月までに売りに出される早生イチゴは、通常6月以降シーズン中に収穫された国内イチゴより多くの残留農薬を含んでいます。

常に、流水の下で例えば、マイクロファイバー製布巾や野菜用のブラシで良く擦りながら完全に果物や野菜を洗浄してください。これは、殺虫剤の僅かな部分を取り除くだけでしょうが、何もしないよりは益しです。

柑橘系果物、バナナおよび、マンゴーの皮を剥いた後は、手を素早く洗浄してください。これによって、殺虫剤を皮から指に、指から果実に、そして、そこから口に移るのを防ぎます。また:皮を付けたままの状態でバナナを切らないでください-さもないと皮からの残留物が果肉に移ってしまいます。

巻きの堅いレタスを選んでください:現在の調査では、それほど汚染されていないとしています。しかし、食物中の残留農薬の量は、料理の準備中にも減らすことができます。レタスの外の葉を取り除いてください-そこには最も大量の残留物が含まれています。

ジャガイモは土の奥深くで生育するので、殺虫剤の集中的な使用に拘わらず、あったとしてもほんの僅か残留物によって汚染されます。ジャガイモの袋の上に「収穫後処理」と言う表示がある場合は、食べる前に常に皮を剥くようにしてください。

料理の助言:野菜が調理される時、残留農薬は更に減ります。しかし、貴重な野菜の栄養分を全て破壊してしまうのを避けるため煮過ぎには気を付けてください。鍋を熱くしてから始めて、温度を弱火にし、簡単に蒸し煮にしてください。