多種多様の果物や野菜を摂取することで健全な生命維持に必須の多くのビタミンとミネラルが確保できます。果物や野菜の摂取所要量は年齢、性別、健康状態によって変わってきます。

栄養不足を満たすために、多くの人々が強化食品と栄養補助食品を使っています: 老齢者にとって十分な食事を摂るあるいは必要量を満たすビタミン量を含む食事を作ること自体とても大変なことです;若年層について言えば、今日のペースの速い文化が、特徴的に野菜、果物および全粒粉などをほとんど含まない食物摂取にならざるを得ない環境を作っています。更に、妊娠、授乳中の母親、高齢者、スポーツマン、節食する人、愛煙家および/または、飲酒家、長期間医薬品の投与を受けている人々、免疫不全の人々などの特定の栄養素を数倍も摂取する必要のある人々がいます。

しかし、栄養補助食品は、「補うこと」を意図していても、健康的な食物摂取を「代用すること」を意図していないことに十分留意する必要があります。