減量のための信頼できる食事療法を取りまとめることはなかなか難しいことです。特定の食物を断つことと、食物全体の量を減らすことによって、ビタミンとミネラルの摂取はかなり減ることになります。ほとんどの栄養士が、1日1,500カロリーの食物摂取でビタミンの必要量を満たすことが非常に難しいことに合意しています;そして、1日当たり1,000カロリーまで大幅な食物摂取縮小の場合は、ほとんど必要なビタミンの摂取は不可能になります。

与えられた栄養素摂取に関しての系統的なコントロール方法が無いので、「全ての食物をほんの少しだけ」食べると言う考えには多くの問題が伴います。特定の食物摂取量は増やすが他の食物摂取は認めないというような片寄った節食方法(例えば、アトキンズダイエット、ジャガイモダイエット、卵ダイエット)は極めて危険です。人体内のビタミン蓄積は、極端な食事制限(絶食)で極めて急速に使い尽くされてしまいます。