食物のタイプと貯蔵状態によって、食物内のビタミン含有量はかなり減る可能性があります。例えば、正常に貯蔵されたジャガイモは最長3ヶ月貯蔵後ビタミンC含有量の3分の1を失います。ビタミンCは未処理の葉物野菜の場合、もっと早く-2~3日の内に-破壊されます。殆どのビタミンB(特に葉酸)は、等しく損傷を受け易いのが特徴です。

ビタミン損失を可能な限り低くするため、冷蔵庫の底の別個のトレイ内に果物や野菜を蓄える方法が最も理想的です。低温感受性の果物や野菜(例えば、トロピカルフルーツやジャガイモなど)は地下室もしくは、貯蔵部屋に貯蔵するのが最も良い方法です。