特定の医薬品の長期摂取は、それが人体内のビタミンの摂取、利用、蓄積および、排出率に影響を及ぼすことからビタミンの平衡失調を起こす恐れがあります。例えば、経口避妊薬(ピル)は、ビタミンB6とビタミンB9(葉酸)の必要性に影響する可能性があります。利尿剤は、尿によって幾つかのビタミンの排出を増大させることから、ビタミンの補給が必要になります。ビタミンバランスを阻害する他の医薬品は、例えば、特定に抗生物質とスルフォンアミド、抗マラリア薬および、抗結核治療薬などです。場合によっては、「抗ビタミン効果」は病気治療、例えば癌化学療法で使用されることがあります。