消費者は、オレンジ、レモンおよび、パプリカがビタミンCの重要な給源源であることを良く知っています。しかし、ウインナーやフランクフルトソーセージまた、レバーパテや調理されたハムもまたビタミンCの優良給源であることは驚きです。

亜硝酸塩保存加工を行うため保存処理された肉製品は、通常抗酸化物質としてアスコルビン酸あるいは、ナトリウムアスコルビン酸塩を含んでいます。これらの添加物は、ラベル上に上記の名称の表示がなされるかあるいは、E番号E300または、E301と成分表示されます。

追加されたアスコルビン酸あるいは、アスコルビン酸塩の殆どは、在庫商品の有効期間の終わりまで製造および、保存後もハムあるいは、ソーセージ中に保持されています。一般的に、100g当たり20~25mg のビタミンCが摂取時に含まれています。1対のウインナーまたは、フランクフルトソーセージ(200g)の摂取によってビタミンCの一日当たり推奨栄養所要量 (RDA)の半分が供給されることを意味します。