喫煙者は、非喫煙者に比較して急速にビタミンCを消費します。研究では、愛煙家(1日当たり少なくとも20本のタバコを吸う人)が非喫煙者より多くのビタミンCを必要としていることが明白に示されています。しかし、適正なビタミン摂取を行ったとしても喫煙のダメージを補償することはできません。