「ビタミンA」が発見された時、次の活性物質は「ビタミンB」と呼ばれました。その後「ビタミンB」が実際には1つの物質ではなく異なるビタミンのグループ(「複合体」)であることが発見されました。続くアルファベットが既に割当てられていたので、それらの複合体物質に数が与えられ、その結果ビタミンB1、B2、B6および、B12と言う名称が付きました。他のビタミンBは後で発見されて、それぞれ自身の名称(例えば葉酸)が与えられました。番号付けにおける欠落は、最初ビタミンと間違われた多くの物質が複合体から取り除かれた結果です。