アテローム性動脈硬化症は、動脈血管壁に脂肪質、いわゆるプラークが堆積する結果と
して血管壁内が肥厚する症状です。プラークが突然乖離した場合は、血餅を形成(血
栓)し血流を阻害するか最悪の場合、血流を止めることにより動脈により血液を供給さ
れている組織の壊死を惹き起こすこととなります。冠状動脈の血栓症は、心筋梗塞 (心
臓麻痺)を発症させ、脳動脈の血栓症は、脳梗塞を惹き起こす可能性があります。足周
辺の動脈(抹消動脈障害疾患)のアテローム動脈硬化症は、歩行時に苦痛をもたらします。 
 
血管壁の硬化に繋がる動脈内でのアテローム性動脈硬化症の潜在的原因は、慢性の炎症
反応です。このプロセスはフリーラジカル(遊離基)による低密度リポプロテイン
(LDL) コレステロールの酸化により促進されます。抗酸化物質栄養素は、有害な酸化
の影響から潜在的に動脈壁を保護する働きをします。