進行すると次第に視覚を失う眼球の水晶体の曇り。白内障は、水晶体内のタンパク質の
酸化によって形成されると考えられます;かかる酸化はビタミンA、ビタミンC、 ビタ
ミンEおよび、ベータ・カロチンなどの抗酸化物質によって防止できる可能
性があります。