実験的な介入または、治療が応用されない研究。参加者は時間とともに単に観察されま
す。人々がどのような食物摂取を行っているかまた、どんな種類の疾病を発症するかを
観察します。 
 
観察研究が提供できる証拠は実験的な研究より弱いのが通例です。協会に通知し(仮説
生成)を提案するだけです。実験的な研究に比較して、選択の偏向リスクがより
大きいと言えます。