血液の液状構成要素で、全血内の血球が通常浮遊することができます。血漿は大抵水
(量により92%)であり、溶解したタンパク質、グルコース、凝固因子、鉱物性イオン、
ホルモンおよび、二酸化炭素(CO2)を含んでいます。