ビタミンやカロテノイドなどの抗酸化物質は、フリーラジカル(遊離基)の破壊的な影
響から人体を保護すると考えられます。抗酸化物質は、自らの電子を与えることによっ
て フリーラジカル(遊離基) を安定させる、電子「奪い取り」反応を行います。それ
らの抗酸化物質は、いわばスカベンジャー(清掃人)として働き、循環器疾患 やガン(癌)を
発症させる細胞や組織をダメージから保護する手助けをします。 
 
低密度リポプロテイン (LDL) コレステロール の酸化は動脈中の脂肪分の堆積を進行させる重要な要因です( アテローム性動脈硬化症を参照してください)。ビタミン群 や カロテノイ
ド群などの抗酸化物質は、潜在的に、LDL酸化とその有害な効果を防止することができ
ます。