骨塩損失のため骨格の軟化によって特徴的な成人間で発症する疾患。骨軟化症は成人の
ビタミンD不足に特有である一方、ビタミンD欠乏症の子供は骨格の軟化、変形に苦
しむ(クル病)を発症します。この疾病の影響の多くはより一般的な骨粗しょう症と重
なっていますが、これらの2つの病気はかなり異なります。骨軟化は、タンパク質(コ
ラーゲン)枠組の石化(ミネラリゼーション)の特徴的な欠陥です。