潜在的に骨折と変形につながる子供特有の骨格の軟化。クル病は多くの開発途上国で最
も一般的な幼年期の疾患です。主たる原因は、ビタミンD欠乏症ですが、適正なカルシ
ウムの不足もまた、クル病の原因因子であると考えられます。