(臨床経験報告、病歴あるいは、一症例として知られる)
少数の主題に基づいた個々の見解。

偏向リスクが非常に高いので、事例報告が提供する内容は実証的証拠としては弱いと
考えられます。事例報告は更なる研究の余地のあることを示唆します。