肝臓、筋肉および、脂肪組織の細胞に血液からのグルコースを吸収させ、体内でのホル
モンインスリン(グルコース耐性)の生成あるいは、反応不全による異常に高い血糖
(グルコース)値を特徴とする慢性の代謝疾患。 
 
「1型真性糖尿病」、インスリン依存性または、若年型糖尿病(IDDM)とし
て知られる糖尿病で、通常膵臓のインスリン分泌ベータ細胞の自己免疫破壊の結果発症
します。

最も一般的な形の糖尿病が「2型真性糖尿病」で、膵臓によって分泌され
るインスリンに対する感受性が低下し発症する、非インスリン依存性または、成人発症型糖尿病(NIDDM)として知られています。