血流を通して脂肪を運搬する脂肪(脂質)とタンパク質から構成される粒子。LDLは特
に大量のコレステロールを肝臓から体内の組織に運搬します。LDLは動脈内壁にコレス
テロール堆積(プラーク)を置き去りにしこれが、アテローム性動脈硬化症の原因とな
り、酸化 LDL(低密度リポタンパク質)は循環器疾患発症の誘因となります。
 
高密度リポタンパク質(HDL)は逆の働きをします。動脈壁を掃除し、余分なコレステ
ロールを人体から駆逐するので、心臓病のリスクを減らします。