ニュース

妊娠糖尿病とビタミンDおよびオメガ3sの役割

Rob Winwood

4月 19, 2018

妊娠糖尿病とは、妊娠中の女性が経験する高血糖値の状態を指します。この状態はイギリスの妊娠女性の約5%に発生します(1)。妊娠糖尿病は早産、死産、新生児低血糖(出産後の低血糖)、子癇前症(高血圧)、巨大症(通常よりも新生児が大きく発育し、出産時の合併症につながる場合がある)、および高ビリルビン血症(新生児黄疸)など、多くの合併症の可能性を増やします(2)。出産後、母親は2型糖尿病発症のリスクが増加し、リスクレベルは妊娠後5年から10年間で3倍~7倍に増加すると言われています(3)。

2015年に実施された、9,209名の参加者で構成された20の研究では、低ビタミンD状態により妊娠糖尿病のリスクが増加し(4)、海洋性オメガ3s EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)の投与によりインスリン感受性が改善されることが明白に実証されました。しかしながら、妊娠糖尿病の患者に対してEPAとDHAを用いた他の介入研究では決定的な結果が得られませんでした(5)。

ビタミンDと海洋性オメガ3sの組み合わせでの介入により、妊娠糖尿病に関連する負の転帰のリスクを緩和する有効性について調査している新たな論文があります(6)。妊娠糖尿病を患う120人のイラン人女性(1. プラセボ、2. DHAとEPA、3. ビタミンD、4. DHAとEPAおよびビタミンDの組み合わせの4つの試験治療群に30人ずつ)を対象に二重盲目プラセボ対照RCTが実施され、患者は1日180 mg EPAと120 mg DHAおよび/または2週間ごとに50,000 IUのビタミンDの介入を6週間にわたって受けました。炎症、酸化的ストレス、妊娠転帰のバイオマーカーについて判断しました。ビタミンDとオメガ3の組み合わせ投与群の母親の乳児は入院および黄疸(高ビリルビン血症)の出現率が低くなりました。さらに母親の高感度C反応性タンパク量が低下したことで、新生児の黄疸および呼吸窮迫症候群のリスクが低下し、全体的な抗酸化能力が向上しました。

妊娠糖尿病の妊婦女性に6週間ビタミンDとオメガ3sを同時投与すると、母子両方の健康に有益である可能性があります。

最新の栄養学研究の分析を受信しましょう。 NUTRI-FACTSのマンスリーニューズレターに登録する

リファレンス

  1. www.gestationaldiabetes.co.uk accessed 10.1.18.
  2. https://www.tommys.org/pregnancy-information/pregnancy-complications/gestational-diabetes/what-are-risks-gestational-diabetes
  3. Curry A; “Exploring why Gestational Diabetes Leads to Type 2”; Diabetes Forecast Jan/Feb 2015.
  4. Zhang M-X, Pan G-T, Guo J-F et al.; “Vitamin D Deficiency Increases the Risk of Gestational Diabetes Mellitus: A meta-analysis of Observational Studies”; Nutrients 2015; 7: 8366-8375.
  5. Ostadrahimi A, Mohammed-Alizadeh S, Mirgafourvand M et al.; “Effects of Fish Oil Supplementation on Gestational Diabetes Mellitus (GDM): A Systematic Review”; Iran Red Crescent Med J; 2016 Nov, 18(11): e24690.
  6. Razavi M, Jamilian M, Samimi M et al, “The effects of vitamin D and omega-3 fatty acids co-supplementation on biomarkers of inflammation, oxidative stress and pregnancy outcomes in patients with gestational diabetes”; Nutr Metab (Lond). 2017; 14: 80. 

    Published online 2017 Dec 28. doi:  10.1186/s12986-017-0236-9