ニュース

微量栄養素が2型糖尿病に及ぼす影響

Rob Winwood

11月 14, 2017

2型糖尿病(T2D)は、インスリン分泌またはインスリン抵抗性障害によって引き起こされる慢性疾患であり、グルコースおよび脂質代謝の障害をもたらす(1)。2型糖尿病は糖尿病の全症例の90-95%を占めている(2)。2013年には、世界人口の約8.3%がT2Dを罹病すると考えられていました(3)。

2型糖尿病は、1型よりもはるかに遅く現れ、しかし通常は見つけにくい。40歳以上の大人のみに影響を及ぼしますが、アフリカ・カリブや南アジア民族の場合は、25歳から頻繁に見られます。T2Dの発病率は、これらの民族グループいおいてもかなり高くなっています。T2Dに強い遺伝的要素があり、 若し両親や兄弟がすでに発病している場合では、発症のリスクは2〜6倍に増加することを意味します。典型的な症状には傷の治癒期間は通常よりも長くなり、疲労および視界のぼけが含まれる。グルコースの正常な血中レベルより高いことは、病原性微生物にとって絶好の繁殖場所となっている。

T2Dは、脂質異常症、肥満および高血圧のような他の医学的障害に関連しており、これはメタボリックシンドロームまたはX症候群とも呼ばれる。

現在のところ、1型または2型糖尿病の完治する治療法はありませんが、インスリンの投与、健康的な食事の摂取、定期的な運動による治療が可能です。

ビタミンD

オーストラリアで5年間にわたって実施された2011年の人口調査では、生物活性型ビタミンD(25ヒドロキシビタミンD)の血清レベルが低い人はT2D(4)のリスクが高いと示唆された。最近の研究(5)では、ビタミンDの血清レベルが高いだと糖尿病に対して、すなわちインスリン感受性、β細胞機能が改善されたおよびHbA1cレベル(T2Dの危険因子)がされたから糖尿病を予防することができるという証拠をしめされている。

オーストラリアの新しい研究(6)は、2009 - 2010年のビクトリアヘルスモニタ調査に参加した3,393人のオーストラリア人成人のデータを調査しました。研究者らは、社会的、食事的およびメタボリックシンドローム因子の調整が考慮された後でさえ、高い25-ヒドロキシビタミンD血清レベルと低い血漿空腹時血糖値(FPG)およびHb1Ac値との間に明確で有意な関連があることを見出した。

ビタミンE

 

ビタミンEが人類の心臓血管疾患に対して防御的な効果があることが観察されているが、一般集団における介入試験ではその効果を示さなかった。一般的に、2型糖尿病の被験者は、対照と比較してビタミンEのレベルが低い。ICARE試験(7)は、糖尿病患者に400 IUのビタミンEを1日量としてを与えた。この研究は、各参加者のハプトグロビン(Hp)遺伝子型を記録した。ハプトグロビンは、血液から遊離ヘモグロビンを除去するに対して重要な役割を果たします。この研究は、遺伝子型Hp2-2の糖尿病性キャリアが、他の遺伝子型よりも心臓血管の病気が多いために死亡率がはるかに高いことを示したが、400IUのビタミンEの毎日の投与によってリスクを正常化することができた。Hp2-2型の糖尿病は通常、他の遺伝子型よりも酸化ストレスマーカーのレベルが高いので、ビタミンEの強力な抗酸化作用は、妥当な保護メカニズムを提供します。この効果は、HOPEおよびWHS研究のポストホック遡及サブグループ分析で確認された(8)。

コエンザイムQ10

糖尿病性末梢神経障害(DPN)は、1型および2型糖尿病により高度な段階までに進行する最も一般的な合併症である。DPNの初期は深刻な痛みを引き起こし、症状が進むにつれて感覚の喪失に置き換えられます。最近の動物研究は、コエンザイムQ10による早期介入が糖尿病患者におけるDPNの程度および進行を低下させる可能性があることを示している(9)。

海洋オメガ3脂肪酸

糖尿病性網膜症は、過剰なグルコースが目の後ろにある網膜の血管に構造的変化を引き起こすときに生じる。これは、1型および2型糖尿病の高齢者における視力喪失の最も一般的な原因であり、労働年齢の成人の視力障害および失明の主要な原因でもある(10)。この状態の初期段階では、網膜血流の低下および内網膜のニューロンの機能不全に関連する網膜動脈の狭窄があり、その後の段階で外網膜の機能の変化が続き、若干の軽度の初期視力低下が伴う。状態が進行すると、網膜血管の基底膜肥厚、毛細血管の変性(これは血流減少につながる)、微細なバルーン様構造(動脈瘤)が毛細血管壁から突出し、機能不全および網膜のニューロングリア細胞の変性を進行させる。(11,12)この段階では、完全な失明に発展する可能性のある、かなりの視力障害がある。

最近の記事(13)は、海洋オメガ3脂肪酸の規則的な摂取により高齢の2型糖尿病患者における糖尿病性網膜症の発症を遅らせるのに役立つことを示すいくつかの初期の証拠を提示されている。この観察研究は、スペインの無作為化比較試験(PREDIMED randomized controlled trial)のデータの一部を特徴としています(14)。参加者は様々な形態の地中海食に続いて一連の臨床エンドポイントを評価されました。確認された詳細な食事質問票の使用により、海洋オメガ脂肪酸の摂取量の現実的な評価が可能になった。サブセットコホートは、2型糖尿病の患者3,482名と平均年齢67.5歳で構成されています。平均6年間のフォローアップ期間中、500mg /日以上の海洋オメガ3脂肪酸を消費した群の0.17%が糖尿病性網膜症を発症したのに対して、1日当たり500mg未満を摂取した群では0.49% であった。欧州食品安全局(EFSA)は、250mg /日以上の海洋オメガ3脂肪酸ドコサヘキサエン酸(DHA)の摂取に寄与する食料品に「正常視力の維持」の健康強調表示を認めている)。

糖尿病性異脂肪血症は、高トリグリセリド血症の特徴とされている、様々な大血管合併症の主要な素因と考えられている。最近糖尿病と診断されたの105人が研究の対象となり(16)、かれらは500mgのメトホルミンと1gのEPAおよびDHAを12週間の1日2回の介入によりが血中トリグリセリドレベルを劇的に低下させ、血中脂質バランスを回復させることを示した。

最近のメタアナリシス(17)は、海洋オメガ3の摂取と2型糖尿病との複雑な関係を明らかにしています。アジアの成人ではT2Dのリスクは一般的に低下するが、EPA、DPAn-3、DHAの1日当たりの摂取量が430mgである西洋人の成人集団のリスクが増加することが判明した。しかしながら、1日1gまたはそれ以上の高用量が保護的であることが判明した。

微量栄養素の状態がこの悲惨な病気の症状に与える可能性がある役割を裏付ける証拠が増えています。

NUTRI-FACTSでお勧めの栄養研究があればこちらへお問い合わせください

リファレンス
  1. DeFronzo RA; “Insulin resistance, lipotoxicity, type 2 diabetes and atherosclerosis: the missing links”; The Claude Bernard Lecture 2009, Diabetalogica 2010; 53: 1270-87.
  2. American Diabetes Association; “Diagnosis and Classification of Diabetes mellitus”; Diabetes Care 2014; 37 (suppl 1): S81-90.
  3. Guariguarta L; “Contribute data to the 6th edition of the IDF Diabetes Atlas”; Diabetes Res Clin Prac 2013; 100; 280-1.
  4. Gagnon C, Lu ZX, Dunstan DW et al.; “Serum 25-hydroxyvitamin D, calcium intake, and risk of type 2 diabetes after 5 years: results from a national, population-based prospective study (the Australian Diabetes, Obesity and Lifestyle study)”; Diabetes Care 2011; 34(5): 11133-1135.
  5. Nagpal J, Pande JN & Bhartia A; “A double-blind, randomized, placebo-controlled trial of the short-term effect of Vitamin D3 supplementation on insulin sensitivity in apparently healthy, middle-aged, centrally obese men”; Diabet Med 2009: 26(1): 19-27.
  6. Pannu PK, Piers LS, Soares MJ et al.; “Vitamin D status is inversely associated with markers of risk for type 2 diabetes: A population based study in Victoria, Australia”; PLoS ONE 2017, 12(6), 1-14.
  7. Blum S, Vardi M, Brown JB et al., “Vitamin E reduces cardiovascular disease in individuals with diabetes mellitus and the haptoglobin 2-2 genotype”; Pharmacogenomics. 2010; 11(5): 675–684.
  8. Vardi M, Blum S and Levy AP; “Haptoglobin genotype and cardiovascular outcomes in diabetes mellitus — natural history of the disease and the effect of vitamin E treatment. Meta-analysis of the medical literature”; Eur J Intern Med. 2012; 23(7): 628–632.
  9. Shi T-J S, Zhang M-D, Hugo Zeberg H et al.; “Coenzyme Q10 prevents peripheral neuropathy and attenuates neuron loss in the db−/db− mouse, a type 2 diabetes model”; PNAS 2013; 110(2): 690–695.
  10. National Eye Institute; “Facts About Diabetic Eye Disease”;  https://nei.nih.gov/health/diabetic/retinopathy .
  11. Xu H, Curtis T & Stit A; "Pathophysiology and Pathogenesis of Diabetic Retinopathy": Diapedia 13 August 2013. 7104343513 (14). doi:10.14496/dia.7104343513.14..
  12. Pardianto G; et al. (2005). "Understanding diabetic retinopathy". Mimbar Ilmiah Oftalmologi Indonesia. 2: 65–6
  13. Chew EY, “Dietary Intake of Omega-3 Fatty Acids from fish and risk of diabetic retinopathy”; JAMA June 6, 2017; 317 (21):2226-7.
  14. Sala-Vila A Díaz-López A,  Valls-Pedret C  et al.; “Dietary Marine ω-3 Fatty Acids and Incident Sight-Threatening Retinopathy in Middle-Aged and Older Individuals With Type 2 Diabetes Prospective Investigation From the PREDIMED Trial”:  JAMA Ophthalmol 2016; 134(10); 1142-1149.
  15. Official Journal of the European Union 25.2.12, Commission regulation (EU) 432/2012 of 16th May 2012.
  16. Chauhan S, Kodali H, Noor J et al.; “Role of Omega-3 Fatty Acids on Lipid Profile in Diabetic Dyslipidaemia: Single Blind, Randomised Clinical Trial”; J Clin Diagn Res. 2017 Mar; 11(3): OC13–OC16.
  17. Chen C, Yang Y, Yu X et al.; “Association between omega‐3 fatty acids consumption and the risk of type 2 diabetes: A meta‐analysis of cohort studies”;  J Diabetes Investig. 2017 Jul; 8(4): 480–488.