ニュース

健康的な老化における記憶の予兆:高齢者の記憶の健康を維持するのに重要な長鎖オメガ3レベルの新しい研究

Rob Winwood

8月 2, 2017

米国イリノイ大学の新しい研究では、健康な高齢者の記憶機能と脳白質の微細構造との関連で、血漿中のLC-PUFA(長鎖多価不飽和脂肪酸)バランスの影響を調べた。(1)近年、オメガ3 LC-PUFA DHA(ドコサヘキサエン酸)が神経細胞膜構造の完全性の維持、炎症の低減、エネルギーを生成する糖代謝の促進によって、老化する脳に保護作用を及ぼすことが多数の研究から示されている。(2)これらの影響は主に脳灰白質(特に前頭皮質と海馬領域)に見られた。しかし、拡散テンソル画像(DTI)として知られている超高感度磁気共鳴画像法(MRI)技術によって、異方性度(FA)の測定によって脳白質微細構造の解析が可能になった。(3,4) 

イリノイ大学による研究(1)では、平均年齢69歳(SD=3)の、認知機能低下を示さなかった94人の健康な参加者を対象に試験が行われ、ミニメンタルステート検査(MMSE)では26点以上のスコアを達成した。主要な結果は、より高い血漿LC-PUFAレベルが、脳弓(脳白質構造)の高いFA値およびより高い記憶スコアと関連していた。さらに、この研究で使用された複雑な統計学的モデルは、高い脳弓FA値が、血漿LC-PUFAレベルと記憶の間の関係を完全に結びついていることを示した。  

FA値は脳弓微細構造の効率的な測定として特徴づけられている。限定された拡散値は、優れたミエリン鞘形成と有髄神経線維の総数を示している。(5)脳弓の微細構造の劣化は、以前は高齢者の認知障害の進行と結び付けられていた。(6)脳弓はDHAに富んだ海馬に由来する両側の白質束から構成される。一般的に灰白質ではDHAが豊富であるが、白質では同様のレベルでは検出されず、一価不飽和脂肪酸(二重結合が1つ)が一番多くなる。(7)しかし、脳灰白質における高いレベルのDHAの役割の1つは、白質産生を刺激することだと示唆されている。 

興味深いことに、イリノイ大学の研究(1)の著者は、長鎖多価不飽和脂肪酸だけが脳白質の完全性を維持するための微量栄養素ではないことを指摘している。しかし、彼らはまたこの点について、ビタミンB1、B12、D、Eの有益性も指摘している。この研究では、オメガ3とオメガ6脂肪酸のバランスが脳の白質に及ぼす影響を明らかにしていない。 

 

リファレンス

  1. Zamroziewicz MK, Paul EJ, Zwilling CE & Barbey AK; “Predictors of Memory in Healthy Aging: Polyunsaturated Fatty Acid Balance and Fornix White Matter Integrity!; Aging and Disease 2018 (February); 9(1). Published online ahead of print: http://www.aginganddisease.org/EN/10.14336/AD.2017.0501 
  2. Cunnane SC, Plourde M, Pifferi F et al.; “Fish, docosahexaenoic acid and Alzheimer’s Disease”; Prog Lipid Res, 48:239-56.
  3. Carlesimo GA, Cherubini A, Caltagirone C et al.; “Hippocampal mean diffusivity and memory in healthy elderly individuals; A cross-sectional study”; Neurology 2010; 74(3); 194-200.
  4. Pagani E, Agosta F, Rocca MA et al.; “Voxel-based analysis derived from fractional anisotropy images of white matter volume changes with ages”; Neuroimage 2008; 41(3); 657-67.
  5. Salat DH, Tuch DS, Greve DN et al.; “Age-related alterations in white matter microstructure measured by diffusion tensor imaging”; Neurobiol Aging 2005; 26(8): 1215-27.
  6. Fletcher E, Raman M, Heubner P et al.; “Loss of Fornix white matter volume as a predictor of cognitive impairment in cognitively normal elderly individuals”; JAMA Neurol 2013; 70 (11): 1389-95.
  7. Salem N, Abood LJ & Hoss W; “Separation of brain phosphatidylserine according to degree of unsaturation by thin layer chromatography”; Analytical Biochemistry 1976; 76: 407-15.