今月の話題

最新研究:未熟児研究、オメガ3とオメガ6

Julia Bird

11月 7, 2018

早産は世界的な難題です。妊娠37週より以前に生まれると、早産とみなされます。世界では、約10人に1人の赤ちゃんが早産で生まれており、つまり毎年1500万人が早産で生まれています。早産の割合は徐々に増加しているようです。  

未熟児の健康問題

赤ちゃんは身体の正常な発達のためには最低37週が必要です。未熟児の臓器はまだ子宮の保護的環境の外に適応しておらず、早産による出産時の合併症が起こります。早産であるほど、健康への影響が大きくなります1。未熟児の出生直後の主な健康問題には、未熟な肺による呼吸困難、摂食困難、適正な体温維持の問題、感染症に対するリスクの増加があります2,3。未熟児は軽度から重度まで、長期にわたり一連の病気に苦しむことがあります。37週近くで生まれた乳児は通常は普通の生活を送ることが期待されますが、早期(一般的には妊娠28週未満)に生まれた場合には、深刻な発達の遅れが起こり、脳性麻痺や肺、目、心臓、耳への永続的な損傷など慢性的な健康状態となることがあります1,4。早産を防止し、その影響を軽減することは、毎年何百万人も生まれる未熟児を守るために必要です。   

早産のリスク因子

多くの場合、早産の原因を見つけることは不可能ですが、いくつかのリスク因子が特定されています。遺伝と環境要因の複合が早産のリスクにつながっていると考えられます1。非常に若いまたは高齢の母体、もしくは出産間隔が短い場合には、早産の可能性が高くなります。多子出産では、早産の可能性が高くなります。特定の感染症、激しい肉体労働、心理的ストレス、喫煙などの生活習慣要因も早産の確率を高めることがあります1。感染症と生活習慣の要因は炎症プロセスが関連しており、これは感染やストレスには正常な反応ですが、健康には悪影響をおよぼします。   

オメガ3、オメガ6、早産:母体と乳児

オメガ3とオメガ6脂肪酸は体内でいくつかの重要な役割を果たし、特に重要な機能は、体内のメッセンジャー分子の構成要素であるということです。これらメッセンジャー分子の1つにプロスタグランジンがあり、分娩のために子宮の筋肉を刺激するため、出産では重要な機能を持っています5。長鎖オメガ6脂肪酸のアラキドン酸は、体内で強い生物学的作用を持つプロスタグランジンを作るために使われます5。生物学的に弱いプロスタグランジンは、長鎖オメガ3脂肪酸から作られます6。激しい労働後のプロセスをサポートするためにオメガ6を豊富に摂取することは良いことですが、実際には過剰な高レベルでは、早期分娩のリスクが高まる可能性があります7,8。一部の研究者は、オメガ3脂肪酸が弱いプロスタグランジンを産生することによってオメガ6脂肪酸のバランスを取り、これが早産を防いでいると考えています8

未熟児はまた、追加的な長鎖オメガ3脂肪酸の提供が必要です。これはオメガ3の主な転移が起こる子宮内の重要な時期を逃しており、未熟な代謝はオメガ3の正しいタイプをまだ自分で作り出すことができないからです9。 

長鎖オメガ3脂肪酸を妊娠中の女性に与えると、早産のリスクを低減することを示したいくつかの研究があります10,11。研究者は、オメガ3補充後に2日間[8]~2週間11、妊娠期間が長くなり、早産率が全体的に低下したと推定しています。妊婦に十分なオメガ3脂肪酸を提供することは常識であり、早産の危険性を減らすことができるのであれば、特にそうなります。 

未熟児の正常な認知と身体発達をサポートするために、出生後に十分な長鎖脂肪酸(オメガ3とオメガ6の両方)を投与することが重要です12,13。生後1週間で未熟児の長鎖脂肪酸供給は減少します。欠乏症にならないようにするためにも、追加の脂肪酸を供給する必要があります13。未熟児には乳児栄養製品や医療用栄養製品中に現在含まれているオメガ3とオメガ6脂肪酸よりも2~3倍多くの量が必要であると示唆する専門家もいます14

リファレンス

  1. Blencowe, H.; Cousens, S.; Oestergaard, M.Z.; Chou, D.; Moller, A.B.; Narwal, R.; Adler, A.; Vera Garcia, C.; Rohde, S.; Say, L., et al. National, regional, and worldwide estimates of preterm birth rates in the year 2010 with time trends since 1990 for selected countries: a systematic analysis and implications. Lancet 2012, 379, 2162-2172. 10.1016/S0140-6736(12)60820-4.
  2. Ramachandrappa, A.; Jain, L. Health issues of the late preterm infant. Pediatr Clin North Am 2009, 56, 565-577, Table of Contents. 10.1016/j.pcl.2009.03.009.
  3. Verklan, M.T. So, he's a little premature...what's the big deal? Crit Care Nurs Clin North Am 2009, 21, 149-161. 10.1016/j.ccell.2009.03.001.
  4. Glass, H.C.; Costarino, A.T.; Stayer, S.A.; Brett, C.M.; Cladis, F.; Davis, P.J. Outcomes for extremely premature infants. Anesth Analg 2015, 120, 1337-1351. 10.1213/ANE.0000000000000705.
  5. Carlson, N.S.; Hernandez, T.L.; Hurt, K.J. Parturition dysfunction in obesity: time to target the pathobiology. Reprod Biol Endocrinol 2015, 13, 135. 10.1186/s12958-015-0129-6.
  6. Calder, P.C. Marine omega-3 fatty acids and inflammatory processes: Effects, mechanisms and clinical relevance. Biochim Biophys Acta 2015, 1851, 469-484. 10.1016/j.bbalip.2014.08.010.
  7. Facchinetti, F.; Fazzio, M.; Venturini, P. Polyunsaturated fatty acids and risk of preterm delivery. Eur Rev Med Pharmacol Sci 2005, 9, 41-48. 
  8. Makrides, M.; Best, K. Docosahexaenoic Acid and Preterm Birth. Ann Nutr Metab 2016, 69 Suppl 1, 29-34. 10.1159/000448263.
  9. Koletzko, B. Should Women Providing Milk to Their Preterm Infants Take Docosahexaenoic Acid Supplements? Clin Perinatol 2017, 44, 85-93. 10.1016/j.clp.2016.11.002.
  10. Yelland, L.N.; Gajewski, B.J.; Colombo, J.; Gibson, R.A.; Makrides, M.; Carlson, S.E. Predicting the effect of maternal docosahexaenoic acid (DHA) supplementation to reduce early preterm birth in Australia and the United States using results of within country randomized controlled trials. Prostaglandins Leukot Essent Fatty Acids 2016, 112, 44-49. 10.1016/j.plefa.2016.08.007.
  11. Kar, S.; Wong, M.; Rogozinska, E.; Thangaratinam, S. Effects of omega-3 fatty acids in prevention of early preterm delivery: a systematic review and meta-analysis of randomized studies. Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol 2016, 198, 40-46. 10.1016/j.ejogrb.2015.11.033.
  12. Brenna, J.T. Long-chain polyunsaturated fatty acids and the preterm infant: a case study in developmentally sensitive nutrient needs in the United States. Am J Clin Nutr 2016, 103, 606S-615S. 10.3945/ajcn.114.103994.
  13. Robinson, D.T.; Martin, C.R. Fatty acid requirements for the preterm infant. Semin Fetal Neonatal Med 2017, 22, 8-14. 10.1016/j.siny.2016.08.009.
  14. Lapillonne, A. Enteral and parenteral lipid requirements of preterm infants. World Rev Nutr Diet 2014, 110, 82-98. 10.1159/000358460.