専門家の意見

高所得国におけるビタミンとミネラル不足を減らす - これは費用削減に役立ちますか?

Julia Bird

1月 21, 2019

高所得国は食料安全保障の割合が低くなっています。一般的にすべての人々に十分な食料があり、栄養不足の割合は一般的に多くありません(1)。しかし、全体的な食料安全保障が優れているにもかかわらず、ビタミンやミネラルの不足は、まだかなりの割合で存在します。例えば、アメリカ人の約3人に1人がビタミン欠乏症や貧血を抱えています(2)。ビタミンDの欠乏症や不足は、多くのヨーロッパ諸国でも一般的です(3)。さらに、豊富に食事を摂っている人々の中でも、栄養価の低い食事、病気、または要求の増加により、依然として欠乏の危険にさらされている可能性があります。これは人々の健康に重大な影響を及ぼす可能性があります。ビタミンやミネラルの欠乏に脆弱な人々への介入をどのように特定して対処するかについては、Bruinsらが最近のレビュー記事のテーマとして扱っています(4)。

ビタミンやミネラルの欠乏を防ぐ

私たちは、個人として、微量栄養素の欠乏を避けることが望ましいです。栄養学の教科書を読んでその症状について調べてみると、鉄欠乏症による疲労や認知能力の低下、ビタミンA欠乏症による感染症の増加、ビタミンB6欠乏症による皮膚炎と錯乱、ビタミンC欠乏症による創傷治癒の不良があることがわかります(5)。また、政府、公衆衛生局、保健機関、NGOは、人々の微量栄養素欠乏症を望ましくないとしています。ビタミンやミネラルの欠乏は簡単に治療できますが、未治療のままにしておくと、医療費の増加や人々の作業効率の低下につながります。

豊富に食事を摂っている人々の中で、欠乏の危険にさらされている人を特定し、それに対処することが重要です。これには2つの目的があります。1つ目は、最も恩恵を受ける人々に欠乏している栄養を与えること、そして2つ目は、すでに食事が適切であり十分な栄養を摂っている人々への過剰な補給を避けることです。必要な栄養素はライフサイクルによって異なり、ビタミンとミネラルの摂取量は、人々の経済的地位、栄養学の知識、文化的要因の影響を受けます。欠乏症の発生率が高いことが一般的に認められているのは、栄養の必要量が比較的に高い妊娠中の女性や幼児、そして食物摂取量が低下したり病気を患ったりしている高齢者です。貧血は出産年齢の女性によく見られます(2)。

栄養素の欠乏への対処には、さまざまなアプローチをとることができます。多くの質の低い食生活は栄養教育によって改善することができます(6、7)。もう1つのアプローチは、弱者グループに食事を改善するために食品パッケージを提供することです(8)。税金と補助金により、消費者がより栄養価の高い食品を選択するのを支援することができます(9)。特定の微量栄養素の摂取量を増やすために食品強化を使用することもできますが、それを特に弱者グループを対象とすることは難しいかもしれません(10)。栄養補助食品は1つの戦略になり得ます。多くの国では、妊娠を計画している女性は神経管欠損を防ぐために、葉酸を含む補助食品を摂取することが推奨されています(11)。

それだけの価値はありますか?費用と利益の計算

脆弱な人々に対する介入を開始する前に、費用効果分析を行うことは、その価値があるかどうかを見極めるための優れた方法です。費用には、プログラムの実装に必要な費用、および弱者グループの特定と試験に使用される資金が含まれます。採用とその継続は、プログラムによる欠乏割合の低下の成功と、プログラムの利益に影響を与えます。費用削減は、医療費の直接的な削減と生産性の間接的な改善の両方にかかっています。障害調整生命年や質調整生存年などの評価が役立ちます(12)。費用効果分析により、特定の脆弱な人々へのビタミンやミネラルの供給を増やすためのプログラムがすでにいくつか特定されており、それは正味費用の削減につながっています(13–15)。

この実施方法については、「Considerations for Secondary Prevention of Nutritional Deficiencies in High-Risk Groups in High-Income Countries (高所得国の高リスク集団における栄養欠乏症の二次予防に関する考慮事項)」を参照してください。

LinkedInでNUTRI-FACTSと繋がり、世界の健康に影響を与えている最新の栄養学研究とニュースの最新情報を入手しましょう。

References

  1. Food and Agriculture Organization of the United Nations. The State of Food Security and Nutrition in europe and central asia. 2017.
  2. Bird JK, Murphy RA, Ciappio ED, McBurney MI. Risk of Deficiency in Multiple Concurrent Micronutrients in Children and Adults in the United States. Nutrients 2017;9(7). doi: 10.3390/nu9070655
  3. Manios Y, Moschonis G, Lambrinou CP, Mavrogianni C, Tsirigoti L, Hoeller U, Roos FF, Bendik I, Eggersdorfer M, Celis-Morales C, et al. Associations of vitamin D status with dietary intakes and physical activity levels among adults from seven European countries: the Food4Me study. Eur J Nutr 2017. doi: 10.1007/s00394-017-1415-1
  4. Bruins MJ, Bird JK, Aebischer CP, Eggersdorfer M. Considerations for Secondary Prevention of Nutritional Deficiencies in High-Risk Groups in High-Income Countries. Nutrients 2018;10(1). doi: 10.3390/nu10010047
  5. Otten JJ, Hellwig JP, Meyers LD, eds. Dietary reference intakes: the essential guide to nutrient requirements. Washington, DC.: The National Academies Press, 2006.
  6. Lua PL, Wan Putri Elena WD. The impact of nutrition education interventions on the dietary habits of college students in developed nations: a brief review. Malays J Med Sci 2012;19(1):4-14.
  7. Murimi MW, Kanyi M, Mupfudze T, Amin MR, Mbogori T, Aldubayan K. Factors Influencing Efficacy of Nutrition Education Interventions: A Systematic Review. J Nutr Educ Behav 2017;49(2):142-65 e1. doi: 10.1016/j.jneb.2016.09.003
  8. Schultz DJ, Byker Shanks C, Houghtaling B. The Impact of the 2009 Special Supplemental Nutrition Program for Women, Infants, and Children Food Package Revisions on Participants: A Systematic Review. J Acad Nutr Diet 2015;115(11):1832-46. doi: 10.1016/j.jand.2015.06.381
  9. Cobiac LJ, Tam K, Veerman L, Blakely T. Taxes and Subsidies for Improving Diet and Population Health in Australia: A Cost-Effectiveness Modelling Study. PLoS Med 2017;14(2):e1002232. doi: 10.1371/journal.pmed.1002232
  10. Nazeri P, Mirmiran P, Shiva N, Mehrabi Y, Mojarrad M, Azizi F. Iodine nutrition status in lactating mothers residing in countries with mandatory and voluntary iodine fortification programs: an updated systematic review. Thyroid 2015;25(6):611-20. doi: 10.1089/thy.2014.0491
  11. Ray JG, Singh G, Burrows RF. Evidence for suboptimal use of periconceptional folic acid supplements globally. BJOG 2004;111(5):399-408. doi: 10.1111/j.1471-0528.2004.00115.x
  12. Neumann PJ, Anderson JE, Panzer AD, Pope EF, D'Cruz BN, Kim DD, Cohen JT. Comparing the cost-per-QALYs gained and cost-per-DALYs averted literatures. Gates Open Res 2018;2:5. doi: 10.12688/gatesopenres.12786.1
  13. Earnshaw SR, McDade CL, Chu Y, Fleige LE, Sievenpiper JL. Cost-effectiveness of Maintaining Daily Intake of Oat beta-Glucan for Coronary Heart Disease Primary Prevention. Clin Ther 2017;39(4):804-18 e3. doi: 10.1016/j.clinthera.2017.02.012
  14. Sandmann A, Amling M, Barvencik F, Konig HH, Bleibler F. Economic evaluation of vitamin D and calcium food fortification for fracture prevention in Germany. Public Health Nutr 2017;20(10):1874-83. doi: 10.1017/S1368980015003171
  15. Tice JA, Ross E, Coxson PG, Rosenberg I, Weinstein MC, Hunink MG, Goldman PA, Williams L, Goldman L. Cost-effectiveness of vitamin therapy to lower plasma homocysteine levels for the prevention of coronary heart disease: effect of grain fortification and beyond. JAMA 2001;286(8):936-43.