ニュース

ルティンとゼアキサンチンのサプリにより、ヨーロッパの医療費を62億ユーロ節減

Nate Matusheski, PhD

10月 30, 2017

Frost & Sullivanの新しいレポートによると、10mgのルティンと2mgのゼアキサンチンを毎日補給することで、ヨーロッパでは、加齢性黄斑変性症(AMD)による医療費を合計で62億ユーロ節減できることを示しています(1)。医療費の節減額を計算するため、分析では、ヨーロッパにおける末期AMDの有病率(2)、さらに治験の体系的な調査において、ルティン、R、およびR’ゼアキサンチンを摂取した場合とプラセボ(偽薬)を摂取した場合の視力回復の比較を考慮に入れています(3)。同レポートでは、観察対象の7%に視力回復が認められ、AMDの重篤化/末期への進行を防ぐことができるため、年間62億ユーロの節減を含め、大幅な経費削減につながるだけでなく、ルティンおよびR、およびR’ゼアキサンチンのサプリに投資した1ユーロごとに5.01ユーロの利益が期待できると結論付けています。

レポートの根拠となった有効性の仮説は、アメリカ国立衛生研究所で実施された加齢性眼疾患2(AREDS2)の研究で観察されたように、AMD末期への進行が10%低減されたというデータと一致しています(4)。レポートに記載された医療費の節減率も、米国からのデータに関する2013 Frost & Sullivan分析と一致しています(5)。この研究結果では、ルティンとR、およびR’ゼアキサンチンのサプリを摂取することで、2013年から2020年の間で、累積で74億2千ユーロの削減が見込まれています。

緑黄色野菜に含まれるカロテノイドであるルティンとR、およびR’ゼアキサンチンは、抗酸化活性成分があることで知られており、目の網膜に含まれる要素です(6)。  「黄斑」として知られる黄色い斑点に特に多く含まれています(7)。  実際、「ルティン」という単語は、「黄色」を意味するラテン語から派生したものです。先進国では平均して緑黄色野菜の摂取量が低く、ルティンとR、およびR’ゼアキサンチンの1日の摂取量は通常1~2mgで、先述した研究で指摘された有効量にはほど遠い数値です(8, 9)。 

医療費は別として、個人の視力回復に値段を付けることはできません。黄斑色素量を増やし、目の健康をサポートするために必要な推奨摂取レベルを満たすには、緑黄色野菜の摂取量を増加させたり、「遊離」(非エステル化)ルテインとR、およびR'ゼアキサンチンを含むサプリを摂取することが有効です。

リファレンス

  1. Frost & Sullivan. The Economic Benefits of Using Lutein and Zeaxanthin Food Supplements in the European Union [Internet]. Frost & Sullivan. 2017 [cited 2017 Oct 18]. Available from: https://ww2.frost.com/frost-perspectives/economic-benefits-using-lutein-and-zeaxanthin-food-supplements-european-union/
  2. Colijn JM, Buitendijk GHS, Prokofyeva E, Alves D, Cachulo ML, Khawaja AP, Cougnard-Gregoire A, Merle BMJ, Korb C, Erke MG, et al. Prevalence of Age-Related Macular Degeneration in Europe: The Past and the Future. Ophthalmology. 2017;
  3. Liu R, Wang T, Zhang B, Qin L, Wu C, Li Q, Ma L. Lutein and zeaxanthin supplementation and association with visual function in age-related macular degeneration. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2015;56:252–8.
  4. The Age-Related Eye Disease Study 2 (AREDS2) Research Group, Chew EY, SanGiovanni J, et al. Lutein/zeaxanthin for the treatment of age-related cataract: Areds2 randomized trial report no. 4. JAMA Ophthalmol. 2013;131:843–50.
  5. Frost & Sullivan. Smart Prevention - Health Care Cost Savings Resulting from the Targeted Use of Dietary Supplements. Frost & Sullivan, 2013 [Internet]. 2013. Available from: http://www.frost.com/sublib/display-market-insight.do?id=285115104
  6. Johnson EJ. Role of lutein and zeaxanthin in visual and cognitive function throughout the lifespan. Nutr Rev. 2014;72:605–12.
  7. Bone RA, Landrum JT, Tarsis SL. Preliminary identification of the human macular pigment. Vision Res. 1985;25:1531–5.
  8. Cena H, Roggi C, Turconi G. Development and validation of a brief food frequency questionnaire for dietary lutein and zeaxanthin intake assessment in Italian women. Eur J Nutr. 2008;47:1–9.
  9. Johnson EJ, Maras JE, Rasmussen HM, Tucker KL. Intake of Lutein and Zeaxanthin Differ with Age, Sex, and Ethnicity. J Am Diet Assoc. 2010;110:1357–62.