今月の話題

栄養の将来:2018 年の概要

Julia Bird

12月 20, 2017

先月は、栄養学の世界で2017 年に何が起こったかを見てきました。クリーンイーティング傾向の低下、プロバイオティクスへの強い興味、さらにビーガンやベジタリアン食品への継続的な移行です。今月は、2018 年以降の栄養学の予測を見ていきます。

持続性

ここ数年にわたり高まりつつあるベジタリアンおよびビーガン栄養学への傾向は健康だけに関連しているのではなく、持続性への興味にも関連しています。中国やヨーロッパの主要な地域では、環境への懸念が消費者の選択の主要な原動力であり、栄養学にも同じことが言えます(Mintel、2017)。栄養学が持続性に貢献する複数の方法がありますが、それらは地球に優しい方法で栄養や食品を提供する方法に関連しています。

欧州委員会には、食品および特定の栄養素の持続性を改善するための科学的研究を支援する幅広いプログラムがあります。いくつか例を挙げます:

  • TRUE プロジェクト はヨーロッパでの食料供給に栄養素と持続的な豆野菜の供給を高めることが目的です
  • FOODSECURE プロジェクトは、世界中の様々な国々での食品の安全性を確保するための問題を概説しています
  • 廃棄物フロー昆虫 から得られるタンパク質などの新しいたんぱく源の家畜飼料への使用
  • SEAFOODTOMORROW プロジェクトは海産物の持続性の改善に関与しています

栄養学と持続性の交差点にある主要な栄養素はタンパク質です。人口が増えるにつれて、大量のタンパク質が健康の維持に必要になってきています。Henchion and colleagues の最近の総説によると、57% のタンパク質が植物由来、18% が食肉由来、10% が乳製品由来、6% が海産物由来、9% がその他の動物源からとなっています。しかし、動物由来のタンパク質はタンパク質生成の否定的な環境影響の主な原因です。昆虫や海藻、または農業廃棄物フローなどの新規または既存のタンパク質源に焦点を当てた栄養学研究が将来的に価値を占めるでしょう。 

健康的な加齢のための研究

最近では世界中で寿命が延びてきています(2017 UN World Population Report)を参照してください。  1975-1980 の世界的な寿命予測は 60 歳程度でしたが、2017 年には 71 歳を予測していました。世界の多くの地域ではいまだに人口が比較的若いですが、上記の平均余命の増加のため、60 歳以上の人口グループは他の年齢グループと比較して平均余命の増加が早くなっています。栄養学は年を重ねた人々が健康であり続けるために重要な役割を果たすので、今後数年はこの主題分野に特化した研究が多く見られるでしょう。

健康的なエイジングへの興味は、最近発行された大規模な研究助成金に見られるので、今後数年に初期の結果が得られることでしょう。例えば、高齢の人々の 痴呆症におけるビタミン D および K の役割は、ボストンのタフツ大学の ビタミン K 研究室 で研究されています。また、年齢による黄斑変性症におけるルテインおよびゼアキサンチンカロテノイドの効果をさらに判断するためのさらなる研究を行うための助成金も Wisconsin-Madison の 老化研究所に付与されています。EU も 高齢者がパーソナライズされた栄養素を利用して ライフスタイルと食事を管理するための可能性についてのプロジェクトなどの、加齢に関するさらなる研究を促進しています。

加齢に関する研究で高い注目を集めている領域の一つは、タンパク質の取得が高齢者の筋肉量とその機能にどのように影響するかです。上記の関係を研究するために現在行われている複数の研究には、タンパク質が豊富なヨーグルトを運動中に取得したときの筋肉機能、集中治療室にいる高齢患者に対するリハビリテーション中の高タンパク質サプリメント、高齢女性の筋肉タンパク質形成における運動とタンパク質補給両方の関係などがあります。

2 型糖尿病の研究

今後数年の栄養学研究における他の注目点としては、2 型糖尿病の有害作用の低下が挙げられます。2 型糖尿病は近年の肥満の増加につれて蔓延し、現在世界保健機関は約成人 10 人に 1 人が糖尿病状態にあると予測しています。糖尿病は腎不全、失明、心臓疾患、脳卒中、下肢切断のリスクがあります。国際的に実行されている研究プログラムには欧州研究会議によるMEMEMEがありますが、これは 2 型糖尿病の進行に対するカロリー制限の効果を調査するものです。2016 年にアメリカ国立衛生研究所が栄養学分野で行った上位 5 つの米国ベースの助成金内 3 つが糖尿病研究に関与しています。オランダでの『知覚できるメリット』などのプロジェクトは、代謝改善における特定の食品の効果について詳細に表しています。

最新の栄養学研究に注目しましょう!

2018 の栄養化学での最新事項に常に把握できる複数の方法があります。www.clinicaltrials.gov なとの臨床研究レジストリ、および International Clinical Trials Registry Platform (ICTRP) は検索可能なデータベースで、注目を集めている研究テーマや、実施中の研究などの特定に使用できます。国内および世界的な研究機関がそれぞれが支援しているプロジェクトについての情報を提供しています。例えば、アメリカ国立衛生研究所、欧州委員会の Community Research and Development Innovation Service (CORDIS)などがあります。RSS フィードリーダーや、お気に入りの栄養ジャーナルの RSS フィードをフォローすると、最新の研究をブラウザにお届けします。最近の研究のハイライトをご覧になるには NUTRI-FACTS ニュースレターに登録するか、当社 ニュースセクション をご覧ください。

リファレンス

  1. Henchion M, Hayes M, Mullen AM, Fenelon M, Tiwari B. Future Protein Supply and Demand: Strategies and Factors Influencing a Sustainable Equilibrium. Foods. 2017;6(7):53. doi:10.3390/foods6070053.
  2. Mintel. 2017. China Consumer trends 2018. http://reports.mintel.com/static/trends/documents/Chinese_Consumer_Trends.pdf
  3. Mintel. 2017. Europe Consumer trends 2018. http://reports.mintel.com/static/trends/documents/European_Consumer_Trends.pdf