今月の話題

栄養学の次の大きな分野 - 2019年の予測

NUTRI-FACTS Editors

12月 20, 2018

NUTRI-FACTSでは常に、全世界の人々を健康にすることに役立つ栄養科学、研究、提唱についての話題を取り上げることに努めています。2018年も終わりに近づき、私たちは業界リーダーから2019年の栄養研究の将来について、洞察を得たいと考えました。 

私たちはDSM Nutritional Productsの栄養科学と提唱のシニアバイスプレジデントであるPeter Van Dael博士と対談を行いました。Van Dael博士は2018年の最も魅力的な研究を紹介しながら、2019年に医療従事者や研究者が上位に選ぶ栄養トピックを予想しました。  

NF: Van Dael博士、お越しいただきありがとうございます。  2018年に発表された栄養研究で、最も魅力的なものは何でしたか?

PVD: 栄養分野は非常に広く、急速に進化しており、1つの魅力的なテーマを取り上げるよりも、この1年間に私が注目した発展について注目したいと思います。

この観点から、本質的な健康の可能性を最大化するための鍵は、適切な栄養であることを具体的に示しているため、長期間の健康への結果に注目した長期的な研究データは魅力的です。

もう1つの興味深い分野は、腸内細菌叢が健康と幸福のさまざまな側面にどのように密接に関連しているかを解明しようという、継続的な新しいデータの提供についてです。 

一般的な個別化された栄養と、特定の個別化された体重管理についての新しいデータが、どのように最適化された食事管理の新しいアプローチを提供しているかは非常に興味深いことです。データ分析、およびデータ分析が私たちの健康と幸福を最適化するための個別化されたソリューションに革新をもたらす可能性が、栄養へのアプローチを変えつつあります。これらを特に遺伝学、食事、身体活動に応じて個別化された体重管理に適用することで、効果的な体重管理を個別化するための魅力的なアプローチを提供します。

新興国および発展途上国における栄養研究データは、生活の質と健康を向上させるために非常に重要な栄養介入をどのように行うべきかについて、明らかにしてくれます。

最後に、私は持続可能な農業と食糧システムについての研究、および十分な栄養が社会に及ぼす社会経済的影響に注目した研究に大きな興味を持っています。

NF: 2019年、次の栄養(または栄養学研究)の大きな分野は何が来ると予想しますか?

PVD: 上で述べた栄養研究分野に合わせて、次のような研究分野が最も注目されるでしょう。

世界的な健康への影響を考えると、全世界で体重管理は明白に重要な研究テーマの1つです。したがって、この研究分野が研究者や保健当局から引き続き注目を集めると予想しています。腸内細菌叢の研究は特に注目されています。腸内細菌の体重管理との関連、腸と脳の関連、自閉症など特定の健康状態との関連は、2019年および今後10年、間違いなく研究は拡大するでしょう。 

個別化された栄養は流行ではなく、パラダイムシフトを作り出し、食事による健康管理の永続的なアプローチとなります。個別化された栄養データが個人の栄養にどのように関連し、健康および総合的な幸福にどのように影響するかの研究は、2019年以降も拡大を続けるでしょう。  

私はまた、高齢者人口の増加による食事管理と栄養学的アプローチへの注目も続くと予想しています。世界的に寿命が延び、引退人口が増加するにつれて、すべてのステークホルダーにとって不可欠なものではありませんが、生活の質の向上がますます重要になると思います。

また来年には、気候変動が持続可能な食糧システムに及ぼす影響および健康と幸福への影響をどのように管理するかについてのより多くの研究が行われることも期待しています。 

NF:  この研究は、2019年、食品、飲料、栄養補助食品にどのような影響を与えますか?

PVD: 研究データは、食品栄養企業が、増加する世界人口の健康と幸福を管理するための革新的で改善された栄養および食事ソリューションを開発することを可能にする、新しい洞察を提供します。私たちは栄養素ではなく食物を食べているのであり、私は特に、消費者に栄養と食品のソリューションを提供する重要性を強調したいと思います。DSMでは引き続き、全世界の人々に適切かつ栄養のある形で、栄養素を提供する栄養ソリューションに注目していきます。

NF: その他に2019年の予測で付け加えることはありますか?

PVD: 10年間の最後の年に、今後の10年間と、これがどのように新しいチャンスと挑戦を提供するかを議論します。栄養ソリューションの開発については、私は栄養学研究の力を楽観視しています。注目され、一貫した幅広いステークホルダー・エンゲージメントによって支持されるとき、科学者による関与とコミットされた一貫した研究は成功します。現在および未来のために全世界で適切な栄養ソリューションを開発することが必要です。この状況で、私は信頼と相互尊重に基づいて構築された継続的かつ拡大された官民パートナーシップを強く訴えます。世界の人々はこのコミットメントを指導者に求めています。私たち全員がこの強いコミットメントに関与する準備ができていることを望みます。

栄養研究の展望について、意見をお持ちですか?  その場合、NUTRI-FACTSチームが次回のエキスパートQ&Aで検討しますので、ご連絡ください