ニュース

健康増進におけるビタミンC:最新の研究と、摂取に関する新たな推奨がもたらす影響

Nate Matusheski, PhD

1月 22, 2018


ビタミンCが不可欠な栄養素として認識されるはるか前、医師のジェームズ・リンドは、柑橘類に含有される成分によって英国海軍兵の壊血病が治ることを解明し、英国海軍の支配力増強に寄与したほか、現在私たちが生活する世界の形成にも貢献しました (1)。その後長年が経過し、ヘキスロン酸 (現在の呼称はアスコルビン酸) が「ビタミンC」として特定され、コラーゲンの形成における生化学的機序でそれが担う重要性が解明されました (2,3)。これがビタミンCが必要不可欠な栄養素とみなされる主な理由である一方、最近の研究では、ビタミンCは他の慢性疾患に対しても重要である可能性が示唆されています。さらに、最適な健康状態のために必要とされる摂取量は、現在推奨されているよりも高いレベルである可能性があります。

免疫機能

免疫機能はビタミンCの最もよく知られたメリットの一つです。ビタミンCは循環性免疫細胞により優先的に取り込まれ、そのレベルは周囲の細胞の20〜60倍にも及びます (4)。これにより、病原菌やウイルスを殺すのに用いられる好中球を活性酸素から保護することができます。また、ビタミンCは感染部位への免疫細胞の移動にも影響します。感染がある患者さんでは、ビタミンCレベルが低下することが確認されています (5)。ヒトにおけるビタミンC補給の臨床試験を対象とする最近のコクランのメタ分析では、200 mg以上のビタミンCの補給により、風邪症状の期間が成人と小児の両方で短縮されると結論づけられました (6)。

非伝染性疾患

ビタミンCはまた、心血管疾患や癌、さらにはアルツハイマー病などの特定の非伝染性疾患とも関連づけられています。集団研究では、ビタミンCと心血管リスクの低下との間の関連性が報告されています (7)。ビタミンC補給に関する臨床試験の複数のメタ分析では、内皮機能 (8) および血圧の改善 (9) が報告されています。また、ビタミンCの摂取について、特定の癌 (10–12) およびアルツハイマー病 (13,14) の発生率の低下との関連性も報告されていますが、その因果関係は依然として不明です。最近では、化学療法を受けている患者さんの生活の質を高める目的でのビタミンC静注投与のメリットについて、医学的関心が高まっています (15)。

この最近のエビデンスを根拠とする一部の専門家は、一日あたりの推奨摂取量を200 mg以上に引き上げることを提唱しています (16)。これは、果物や野菜を5皿分摂取することによって得られる量に相当します。しかしながら世界の多くの地域では、ビタミンC欠乏の境界状態または明白なビタミンC欠乏症が意外にも一般的です。ビタミンC欠乏の境界状態 (<28 µmol/L) は、英国人口の低所得層の34〜46%で報告されており (17)、最適以下のビタミンCレベルの状態 (<53 µmol/L) が米国人口の46%で報告されています(18)。

ビタミンCは明らかに、単なる壊血病の予防以外の健康面でも重要なのです。多くの個人は推奨量の果物や野菜を摂取しておらず、多くの人では体内のビタミンCレベルが推奨値を下回っています。このような潜在的なメリットを考えると、最適な健康状態と関連付けられた体内ビタミンCレベルの達成を支援する、ビタミンC豊富に含む食品やサプリメントの摂取増加を提唱する機会があるといえます。

NUTRI-FACTSはメールで受信することができます。今すぐご登録ください。

リファレンス

  1. Lind J. Treatise of the Scurvy in Three Parts [Internet]. Edinburgh: Sands, Murray and Cochran; 1753 [cited 2017 Dec 13]. 22 p. Available from: http://www.jameslindlibrary.org/lind-j-1753/
  2. Svirbely JL, Szent-Györgyi A. Hexuronic Acid as the Antiscorbutic Factor. Nature. 1932;129:576.
  3. Englard S, Seifter S. The Biochemical Functions of Ascorbic Acid. Annu Rev Nutr. 1986;6:365–406.
  4. Carr AC, Maggini S. Vitamin C and Immune Function. Nutrients. 2017;9:1211.
  5. Bakaev VV, Duntau AP. Ascorbic acid in blood serum of patients with pulmonary tuberculosis and pneumonia. Int J Tuberc Lung Dis. 2004;8:263–6.
  6. Hemilä H, Chalker E. Vitamin C for preventing and treating the common cold. Cochrane Database of Systematic Reviews [Internet]. John Wiley & Sons, Ltd; 2013 [cited 2016 Jun 16]. Available from: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/14651858.CD000980.pub4/abstract
  7. Moser MA, Chun OK. Vitamin C and Heart Health: A Review Based on Findings from Epidemiologic Studies. Int J Mol Sci. 2016;17:1328.
  8. Ashor AW, Lara J, Mathers JC, Siervo M. Effect of vitamin C on endothelial function in health and disease: A systematic review and meta-analysis of randomised controlled trials. Atherosclerosis. 2014;235:9–20.
  9. Juraschek SP, Guallar E, Appel LJ, Miller ER. Effects of vitamin C supplementation on blood pressure: a meta-analysis of randomized controlled trials. Am J Clin Nutr. 2012;95:1079–88.
  10. Finck H, Hart AR, Lentjes MA, Jennings A, Luben RN, Khaw K-T, Welch AA. Cross-sectional and prospective associations between dietary and plasma vitamin C, heel bone ultrasound, and fracture risk in men and women in the European Prospective Investigation into Cancer in Norfolk cohort. Am J Clin Nutr. 2015;102:1416–24.
  11. Cao D, Shen K, Li Z, Xu Y, Wu D. Association between vitamin C Intake and the risk of cervical neoplasia: A meta-analysis. Nutr Cancer. 2016;68:48–57.
  12. Hua Y-F, Wang G-Q, Jiang W, Huang J, Chen G-C, Lu C-D. Vitamin C Intake and Pancreatic Cancer Risk: A Meta-Analysis of Published Case-Control and Cohort Studies. PLOS ONE. 2016;11:e0148816.
  13. Silva SL da, Vellas B, Elemans S, Luchsinger J, Kamphuis P, Yaffe K, Sijben J, Groenendijk M, Stijnen T. Plasma nutrient status of patients with Alzheimer’s disease: Systematic review and meta-analysis. Alzheimers Dement J Alzheimers Assoc. 2014;10:485–502.
  14. Li F-J, Shen L, Ji H-F. Dietary intakes of vitamin E, vitamin C, and β-carotene and risk of Alzheimer’s disease: a meta-analysis. J Alzheimers Dis JAD. 2012;31:253–8.
  15. Carr AC, Vissers MCM, Cook JS. The Effect of Intravenous Vitamin C on Cancer- and Chemotherapy-Related Fatigue and Quality of Life. Front Oncol [Internet]. 2014 [cited 2017 May 26];4. Available from: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4199254/
  16. Frei B, Birlouez-Aragon I, Lykkesfeldt J. Authors’ Perspective: What is the Optimum Intake of Vitamin C in Humans? Crit Rev Food Sci Nutr. 2012;52:815–29.
  17. Mosdøl A, Erens B, Brunner EJ. Estimated prevalence and predictors of vitamin C deficiency within UK’s low-income population. J Public Health. 2008;30:456–60.
  18. Dionne CE, Laurin D, Desrosiers T, Abdous B, Sage NL, Frenette J, Mondor M, Pelletier S. Serum vitamin C and spinal pain: a nationwide study. Pain. 2016;157:2527–35.