今月の話題

アルツハイマー病と栄養に関する知識

Julia Bird

6月 15, 2018

アルツハイマー病は、世界的に最も一般的な高齢者の認知症の形態です。この疾患には認知機能がゆっくりと低下していくという特徴があります。通常、アルツハイマー病の最初の兆候は健忘症です。特に、最近の出来事を忘れてしまいます[1]。その後、意思決定、言語の使用、文章作成能力が低下します[1]。この疾患の最終段階では、患者は自分自身の世話ができなくなり、他者に完全に依存するようになります。こうした認知的および機能的低下は、脳における変化を反映しています。脳全体の容積が縮小し、記憶を司る領域の脳組織が徐々に崩壊し、その後は脳の残りの部分も崩壊し始めます。 

有病率

アルツハイマー病およびその他の関連する認知症は、現在、世界中で約2,400万人の人々に影響を及ぼしています。過去数十年にわたり、症例数は着実に増加しており、現在では認知症は世界の4大死因になっています[2]。この疾患の慢性的な性質により、患者を治療するための医療費は膨大となっており、米国などの高所得国における癌または心臓血管疾患の医療費を上回っています[3]。 

リスク要因 

残念ながら、アルツハイマー病の正確な根本原因はまだ解明されていません[4]。複雑な遺伝子と環境の組み合わせにより、病気の発症と進行が決まります。治療法はなく、現在の投薬は疾患の進行を遅らせたり、特定の症状を治療することしかできません[5]。しかし、特定の遺伝的要因および生活習慣要因が、この疾患の発症リスクに影響を及ぼすことが知られています[6]。糖尿病、心血管疾患、アルツハイマー病のリスク要因の多くは共通しているようです。たとえば、喫煙、運動不足、肥満はリスクを増加させる傾向がありますが、いくつかのメタアナリシスでは、スタチン投薬(高コレステロールレベル治療の第一選択薬)の使用によりリスクが低下する可能性があることが示されています[7,8]。さらに、社会的交流の少なさ、睡眠不足、頭部外傷の前歴がリスクを増加させることがあり、知的な刺激のある活動はアルツハイマー病の発症リスクを低下させることが可能であると考えられています[6]。 

食事と栄養

食事と栄養もアルツハイマー病の発症リスクにある程度の役割を果たすと考えられています。たとえば、II型糖尿病の患者はアルツハイマー病のリスクが高く、糖尿病の発症は高カロリー食品の摂取と一部関係しています。現在、アルツハイマー病のリスクが最も低いのは、地中海式または[9]ダッシュダイエット(高血圧にストップをかけるための食事の仕方)[10]などの健康的な食事習慣を持つ人々です。このような食事は、標準的な食事ガイドラインに従い、果物や野菜、ナッツや魚の健康的な脂肪、繊維が豊富で、含まれる糖質が少ないものです[11]。一方、赤身肉や加工肉、穀類、砂糖の摂取量が多い西洋食は、アルツハイマー病のリスク上昇と関連しています[11]。 

アルツハイマー病のリスクに影響を与える栄養素を特定することは困難です。最終的には、特定の成分よりも、全体的な食事の栄養成分が重要であると考えられています。それでも、一部の栄養素は、アルツハイマー病の根底にあるプロセスに影響を及ぼす可能性があるものとして特定されています[12]。たとえば、ビタミンCとEの2つの抗酸化は、抗酸化防御をサポートし、代謝が活発な脳における酸化ストレスから脳を保護することができる可能性があります[12]。脳内では高濃度のビタミンCと葉酸塩が検出され、[13,14]研究者らはこれが脳内の細胞のDNAを損傷から保護するかもしれないと考えています[12]。ビタミンB群の多くは細胞内のエネルギーの生成に関与しています。これはエネルギーの必要性が他の器官よりもはるかに高い脳では特に重要になります[15]。チアミン、リボフラビン、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビオチン、ビタミンB12、および葉酸の欠乏は、細胞によるエネルギー生成を阻害します[12]。全身や脳の健康を保つために、ビタミンB群の不足を避けることが賢明です。  

このアルツハイマー病と脳の健康の啓発月間では、健康的なライフスタイルと食事を選択することで、脳に栄養を与える方法について考えてみましょう。

リファレンス

  1. Joubert, S.; Gour, N.; Guedj, E.; Didic, M.; Gueriot, C.; Koric, L.; Ranjeva, J.P.; Felician, O.; Guye, M.; Ceccaldi, M. Early-onset and late-onset Alzheimer's disease are associated with distinct patterns of memory impairment. Cortex 2016, 74, 217-232. 10.1016/j.cortex.2015.10.014.
  2. Collaborators, G.B.D.C.o.D. Global, regional, and national age-sex specific mortality for 264 causes of death, 1980-2016: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2016. Lancet 2017, 390, 1151-1210. 10.1016/S0140-6736(17)32152-9. 
  3. Kelley, A.S.; McGarry, K.; Gorges, R.; Skinner, J.S. The burden of health care costs for patients with dementia in the last 5 years of life. Ann Intern Med 2015, 163, 729-736. 10.7326/M15-0381.
  4. Jack, C.R., Jr.; Bennett, D.A.; Blennow, K.; Carrillo, M.C.; Dunn, B.; Haeberlein, S.B.; Holtzman, D.M.; Jagust, W.; Jessen, F.; Karlawish, J., et al. NIA-AA Research Framework: Toward a biological definition of Alzheimer's disease. Alzheimers Dement 2018, 14, 535-562. 10.1016/j.jalz.2018.02.018. 
  5. Sahoo, A.K.; Dandapat, J.; Dash, U.C.; Kanhar, S. Features and outcomes of drugs for combination therapy as multi-targets strategy to combat Alzheimer's disease. J Ethnopharmacol 2018, 215, 42-73. 10.1016/j.jep.2017.12.015.
  6. Reitz, C.; Mayeux, R. Alzheimer disease: epidemiology, diagnostic criteria, risk factors and biomarkers. Biochem Pharmacol 2014, 88, 640-651. 10.1016/j.bcp.2013.12.024. 
  7. Hersi, M.; Irvine, B.; Gupta, P.; Gomes, J.; Birkett, N.; Krewski, D. Risk factors associated with the onset and progression of Alzheimer's disease: A systematic review of the evidence. Neurotoxicology 2017, 61, 143-187. 10.1016/j.neuro.2017.03.006.
  8. Xu, W.; Wang, H.F.; Wan, Y.; Tan, C.C.; Yu, J.T.; Tan, L. Leisure time physical activity and dementia risk: a dose-response meta-analysis of prospective studies. BMJ Open 2017, 7, e014706. 10.1136/bmjopen-2016-014706. 
  9. Cao, L.; Tan, L.; Wang, H.F.; Jiang, T.; Zhu, X.C.; Lu, H.; Tan, M.S.; Yu, J.T. Dietary Patterns and Risk of Dementia: a Systematic Review and Meta-Analysis of Cohort Studies. Mol Neurobiol 2016, 53, 6144-6154. 10.1007/s12035-015-9516-4.
  10. Pistollato, F.; Iglesias, R.C.; Ruiz, R.; Aparicio, S.; Crespo, J.; Lopez, L.D.; Manna, P.P.; Giampieri, F.; Battino, M. Nutritional patterns associated with the maintenance of neurocognitive functions and the risk of dementia and Alzheimer's disease: A focus on human studies. Pharmacol Res 2018, 131, 32-43. 10.1016/j.phrs.2018.03.012. 
  11. Hu, N.; Yu, J.T.; Tan, L.; Wang, Y.L.; Sun, L.; Tan, L. Nutrition and the risk of Alzheimer's disease. Biomed Res Int 2013, 2013, 524820. 10.1155/2013/524820.
  12. Fenech, M. Vitamins Associated with Brain Aging, Mild Cognitive Impairment, and Alzheimer Disease: Biomarkers, Epidemiological and Experimental Evidence, Plausible Mechanisms, and Knowledge Gaps. Adv Nutr 2017, 8, 958-970. 10.3945/an.117.015610. 
  13. Hyland, K.; Shoffner, J.; Heales, S.J. Cerebral folate deficiency. J Inherit Metab Dis 2010, 33, 563-570. 10.1007/s10545-010-9159-6.
  14. May, J.M. Vitamin C transport and its role in the central nervous system. Subcell Biochem 2012, 56, 85-103. 10.1007/978-94-007-2199-9_6. 
  15. Porter, K.; Hoey, L.; Hughes, C.F.; Ward, M.; McNulty, H. Causes, Consequences and Public Health Implications of Low B-Vitamin Status in Ageing. Nutrients 2016, 8. 10.3390/nu8110725.