β-カロテン

参考文献

参考文献

  1. 米国医学研究所食品栄養委員会。β-カロテンとその他のカロテノイド。ビタミンC、ビタミンE、セレニウムおよび、カロテノイドのための食事摂取基準量。Washington, D.C.: National Academy Press; 2000:325–400.
  2. Pavia SA, Russell RM. 抗酸化物質としてのβ-カロテンおよび、その他のカロテノイド。J Am Coll Nutr 1999; 18:426–33.
  3. Young AJ, Lowe GM. カロテノイドの抗酸化および、酸化促進特性。Arch Biochem Biophys. 2001; 385(1):20–27.
  4. Bertram JS. カロテノイドと遺伝子調節。Nutr Rev. 1999;57(6):182–191.
  5. Stahl W, Nicolai S, Briviba K, et al. 天然カロテノイドと合成カロテノイドの生物活性:ギャップ結合伝達と一重項酸素消滅の誘導。発ガン現象。1997; 18(1):89–92.
  6. van Poppel G, Spanhaak S, Ockhuizen T. 健康な男性喫煙者における免疫学的インデックス上のβ-カロテンの効果。Am J Clin Nutr. 1993; 57(3):402–407.
  7. Hughes DA, Wright AJ, Finglas PM, et al. 健康な男性非喫煙者からの血中単球の免疫機能に及ぼすβ-カロテンサプリメント投与の効果。J Lab Clin Med. 1997; 129(3):309–317.
  8. Santos MS, Gaziano JM, Leka LS, Beharka AA, Hennekens CH, Meydani SN. 高齢者におけるβ-カロテン誘導のナチュラルキラー細胞活性の強化:サイトカインの役割の調査。Am J Clin Nutr. 1998; 68(1):164–170.
  9. Peto R, Doll R, Buckley JD, Sporn MB. 食物β-カロテンは実質的にヒトのガン発症率を減らすことができるか? Nature. 1981; 290(5803):201-208.
  10. Ziegler RG. カロテノイドがガンのリスクを減らすという疫学的証拠の検証。J Nutr. 1989; 119(1):116–122.
  11. Michaud DS, Feskanich D, Rimm EB, et al. カロテノイドの摂取と2件の米国におけるプロスペクティブ・コホート研究における肺ガンのリスク。Am J Clin Nutr. 2000; 72(4):990–997.
  12. Mannisto S, Smith-Warner SA, Spiegelman D, et al. 7件のコホート研究の統合分析における食物カロテノイドと肺ガンのリスク。Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2004; 13(1):40–48.
  13. Gallicchio L, Boyd K, Matanoski G, et al. カロテノイドと肺ガン発症のリスク:体系的検証。Am J Clin Nutr. 2008; 88(2):372–383.
  14. Rissanen TH, Voutilainen S, Nyyssonen K, Salonen R, Kaplan GA, Salonen JT. 血清リコピン濃度および、頚動脈アテローム性動脈硬化症:クオピオ虚血性心臓疾患リスクファクター研究(Kuopio Ischaemic Heart Disease Risk Factor Study)。Am J Clin Nutr. 2003; 77(1):133–138.
  15. Dwyer JH, Paul-Labrador MJ, Fan J, Shircore AM, Merz CN, Dwyer KM. 頚動脈内膜中膜厚の進行と血漿抗酸化物質:ロサンゼルス・アテローム性動脈硬化症研究。Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2003.
  16. McQuillan BM, Hung J, Beilby JP, Nidorf M, Thompson PL. 抗酸化ビタミンと頚動脈アテローム性動脈硬化症のリスク。The Perth Carotid Ultrasound Disease Assessment study (CUDAS). J Am Coll Cardiol. 2001; 38(7):1788–1794.
  17. Rissanen T, Voutilainen S, Nyyssonen K, Salonen R, Salonen JT. 低血漿リコピン濃度と、頚動脈壁の内膜中膜厚との関連性。Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2000; 20(12):2677–2681.
  18. D'Odorico A, Martines D, Kiechl S, et al. アルファ-および、β-カロテンの高血漿中濃度とアテローム性動脈硬化症のリスク低減との関連性:Bruneck研究からの成果。2000; 153(1):231–239.
  19. Iribarren C, Folsom AR, Jacobs DR, Jr., Gross MD, Belcher JD, Eckfeldt JH. 血漿中ビタミン濃度とLDLの酸化に対する脆弱性および、頚動脈アテローム性動脈硬化症を伴うMDA-LDLに対する自己抗体との関連性。症例対照研究。The ARIC Study Investigators. 地域社会におけるアテローム性動脈硬化症のリスク。Arterioscler Thromb Vasc Biol. 1997; 17(6):1171–1177.
  20. Sesso HD, Buring JE, Norkus EP, Gaziano JM. 女性における血漿中リコピン、その他のカロテノイドおよび、レチノールと心血管疾患のリスク。Am J Clin Nutr. 2004; 79(1):47–53. 
  21. Rissanen TH, Voutilainen S, Nyyssonen K, et al. 低血漿中リコピン濃度と急性冠状動脈イベントおよび、脳梗塞の発症増加との関連性:クオピオ虚血性心臓疾患リスクファクター研究。Br J Nutr. 2001; 85(6):749–754.
  22. Street DA, Comstock GW, Salkeld RM, Schuep W, Klag MJ. 血清抗酸化物質と心筋梗塞。カロテノイドとアルファ-トコフェロールの低濃度は心筋梗塞のリスクファクターなのか? Circulation. 1994; 90(3):1154–1161.
  23. Ito Y, Kurata M, Suzuki K, Hamajima N, Hishida H, Aoki K. 心血管疾患死亡率と血中カロテノイド濃度:日本の集団症例追跡調査。J Epidemiol. 2006; 16(4):154–160.
  24. Buijsse B, Feskens EJ, Kwape L, Kok FJ, Kromhout D. オランダの高齢者男性における15年間の心血管疾患死亡率と、アルファ-および、β-カロテン(トコフェロールとビタミンCは該当せず)双方は逆相関関係にあった。J Nutr. 2008; 138(2):344–350.
  25. Sesso HD, Buring JE, Norkus EP, Gaziano JM. 男性における血漿中リコピン、その他のカロテノイドおよび、レチノールと心血管疾患のリスク。Am J Clin Nutr. 2005; 81(5):990–997.
  26. Hak AE, Stampfer MJ, Campos H, et al. 米国男性医師のローリスク人口における血漿カロテノイドとトコフェロールおよび、心筋梗塞のリスク。Circulation. 2003; 108(7):802–807.
  27. Evans RW, Shaten BJ, Day BW, Kuller LH. 男性における脂質可溶性抗酸化物質と冠動脈性心疾患との前望的関連性。多危険因子介入試験。Am J Epidemiol. 1998; 147(2):180–186.
  28. Sahyoun NR, Jacques PF, Russell RM. カロテノイド、ビタミンCおよび、Eと高齢者人口における死亡率。Am J Epidemiol. 1996; 144(5):501–511.
  29. 男性喫煙者の肺ガンおよび、他のガンの発症におけるビタミンEとβ-カロテンの効果。アルファ-トコフェロール、β-カロテンガン予防研究グループ。N Engl J Med. 1994; 330(15):1029–1035.
  30. Hennekens CH, Buring JE, Manson JE, et al. 悪性腫瘍と心血管疾患発症へのβ-カロテン長期サプリメント投与の効果の欠如。N Engl J Med. 1996; 334(18):1145–1149.
  31. Greenberg ER, Baron JA, Karagas MR, et al. β-カロテンの低血漿濃度と死亡率との関連性および、経口サプリメント投与の効果。JAMA. 1996; 275(9):699–703.
  32. Omenn GS, Goodman GE, Thornquist MD, et al. 肺ガンと心血管疾患へのβ-カロテンとビタミンAの併用効果。N Engl J Med. 1996; 334(18):1150–1155.
  33. Köpcke W and Krutmann J (2008) β-カロテンによる日焼けの防止--メタ・アナリシス。Photochemistry and Photobiology 84(2):284–8.
  34. Christen WG, Manson JE, Glynn RJ, et al. 米国の医師におけるβ-カロテンと加齢性白内障のランダム化試験。Arch Ophthalmol. 2003; 121(3):372–378.
  35. Chylack LT, Jr., Brown NP, Bron A, et al. ロシュ・ヨーロッパ人、アメリカ人白内障試験 (REACT):加齢性白内障の進行を食い止める経口抗酸化混合微量栄養素の効力調査のためのランダム化臨床試験。Ophthalmic Epidemiol. 2002; 9(1):49–80.
  36. Gritz DC, Srinivasan M, Smith SD, et al. 白内障予防における抗酸化物質研究(The Antioxidants in Prevention of Cataracts Study):南インドにおける白内障進行に対する抗酸化物質サプリメントの効果。Br J Ophthalmol. 2006; 90(7):847–851.
  37. 加齢性白内障と失明のためのビタミンCおよび、Eとβ-カロテン高用量サプリメント投与のランダム化プラセボ比較臨床試験: AREDS リポート番号9。Arch Ophthalmol. 2001; 119(10):1439–1452.
  38. Mathews-Roth MM. 光防護とガン予防におけるカロテノイドの機能。J Environ Pathol Toxicol Oncol. Jul-Oct 1990; 10(4-5):181–92.
  39. 欧州食品安全機関、食品科学委員会。ビタミンおよび、ミネラルの許容上限摂取量。2006: ISBN: 92-9199-014-0.
  40. Biesalski HK. et al. 疾病予防における抗酸化ビタミン。Clin Nutr. 1997; 16:151–155.
  41. Elmadfa I. et al., ヨーロッパの栄養と健康リポート 2004年。Forum Nutr. Basel: Karger; 2005.
  42. Pelz R et al.  (1998) ドイツ全国食物摂取調査におけるカロテノイド摂取。Z Ernaehrungswiss. 37: 319–27
  43. Adolf T et al. (1995) Ergebnisse der Nationalen Verzehrsstudie (1985-1988) über die Lebensmittel- und Nährstoffaufnahme in der Bundesrepublik Deutschland. In: VERA-Schriftenreihe, Band XI. W Kübler, HJ Anders, W Heeschen (Hrsg.) Wissenschaftlicher Fachverlag Dr. Fleck, Niederkleen.
  44. Nationale Verzehrsstudie II, 2008 (www.was-esse-ich.de), Max-Rubner-Institut, Karlsruhe, Germany.
  45. 全ての食物給源からのβ-カロテンの使用の安全性についての食品科学委員会の見解 食品科学委員会(2000年);SCF/CS/ADD/COL/159 ファイナル。
  46. β-カロテンの許容上限摂取量についての食品科学委員会の見解 食品科学委員会(2000年);SCF/CS/NUT/UPPLEV/37ファイナル。
  47. Beitz R., Mensink GBM, Rams S, Döring A, (2004): Vitamin- und Mineralstoffsupplementierung in Deutschland. Bundesgesundheitsblatt 47:1057–1065.
  48. Jalal F, Nesheim MC, Agus Z, Sanjur D, Habicht JP. 子供の血清レチノール濃度は、β-カロテンの食物摂取、脂肪摂取および、駆虫薬治療による影響を受ける。Am J Clin Nutr. 1998; 68(3):623–629.
  49. van Het Hof KH, West CE, Weststrate JA, Hautvast JG. カロテノイドの生物学的利用能に影響する食物因子。J Nutr. 2000; 130(3):503–506.
  50. During A, Harrison EH. カロテノイドの腸からの吸収と代謝:細胞培養からの洞察。Arch Biochem Biophys. 2004; 430(1):77–88.
  51. Omenn GS, Goodman GE, Thornquist MD, et al. 肺ガンおよび、CARET(β-カロテンおよび、レチノール効力試験)における介入効果に関連するリスクファクター。J Natl Cancer Inst. 1996; 88(21):1550–1559.
  52. Lee I-M, Cook NR, Manson JE, Buring JE, Hennekens CH: β-カロテンサプリメント投与とガンおよび、心血管疾患発症:女性の健康研究(Women's Health Study)。J Natl Cancer Inst. 1999; 91: 2102–2109.
  53. Vainio H, Rautalahti M. カロテノイド投与によるガン防止策の国際的評価。Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 1998; 7(8):725–728.
  54. U.S. Preventive Services Task Force.ガンと心血管疾患防止のための日常のビタミンサプリメント投与:提言と理論的根拠。Ann Intern Med. 2003; 139(1):51–55.
  55. Bjelakovic G, Nikolova D, Gluud LL, et al. 一次予防と二次予防のための抗酸化物質サプリメントのランダム化試験における死亡率-体系的レビューとメタ・アナリシス。JAMA 2007; 297:842–857.
  56. Satia, Jessie A et al: β-カロテン、レチノール、リコピンおよび、ルテインサプリメントと肺ガンのリスク: VITamins And Lifestyle (VITAL)研究からの成果。 Am J Epidemiol. 2009; 169(7):815–828.
  57. Hercberg S, Ezzedine K, Guinot C; et al. 抗酸化物質サプリメント投与は女性においては皮膚ガンのリスクを増大させるが男性については当てはまらない。J Nutr. 2007; 137(9):2098–2105.
  58. Green AC et al. 抗酸化物質サプリメント投与と皮膚ガンのリスク。J Nutr. 2008; 138(5):978.
  59. Asgari M. M. et al. 抗酸化物質サプリメント投与と黒色腫発症のリスク-大規模プロスペクティブ・コホート研究の成果。Arch Dermatol, 2009; 145(8):879–882.
  60. Goralczyk R. 喫煙者におけるβ-カロテンと肺ガン:仮説の精査と研究の現状。栄養素とガン。2009; 61(6):767 — 774.
  61. Biesalski H. K. et al. ランダム化試験における死亡と健康への抗酸化物質サプリメント投与効果のメタ・アナリシスの再調査。栄養素。2010; 2:929–949.