ビタミンB3 // ナイアシン

保健機能

生命有機体が使うエネルギーのほとんどは、電子の転送に関連していて酸化還元(レドックス)反応から産生されます。「レドックス反応」のための電子の受取と放出をもっぱら行うため、約200個の酵素がビタミンB3(ナイアシン)補酵素、NADおよびNADPを必要とします。ほとんどの場合NADが炭水化物、脂肪、タンパク質および、アルコールの分解(異化作用)に関係するエネルギー産生反応において機能する一方、NADPは脂肪酸とコレステロールを含む全ての高分子合成などでの生合成(同化作用)反応に関与します (1, 2)

ナイアシン補酵素、NADはDNA修復ストレス反応、細胞シグナリング (1, 3)遺伝子表現プログラム細胞死(アポトーシス)の調節および、細胞分化に関与する3種類の酵素のための反応物質で、ガン予防(2)においてNADが重要な役割を果たす可能性を示唆します。

欧州委員会などに科学的助言を行う欧州食品安全機関 (EFSA)は、以下に貢献するナイアシン(ビタミンB3)の食物摂取に関連する明確な健康上の利点が、確立されていることを裏付けました:

  • 正常なエネルギー産生代謝;
  • 神経系の正常な機能;
  • 正常な皮膚と粘膜の維持;
  • 正常な心理学的な機能;
  • 疲労感と倦怠感の軽減。

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報