マグネシウム

マグネシウム (Mg) は全ての生体細胞にとって必須です。土類金属は人体の構造と機能において重要な役割を果たします。人体の場合成人では、約25グラムのマグネシウムを含んでいます。体内の60%を超える全てのマグネシウムは、骨格内に含まれ、27%が筋肉内に含まれています。マグネシウムは300を超える必須の代謝反応に関係しています。

Download PDF

保健機能

エネルギーを生み出す炭水化物と脂肪代謝は、大量のマグネシウム依存の化学反応を必要とします。

疾病リスクの軽減

大規模疫学研究では、マグネシウムが血圧に関連することを示唆しています。

詳しく見る

マグネシウムについて知っておくべきこと

  • その他の適用例

    ランダム化比較試験のメタ・アナリシスの結果では、心臓発作(「心筋梗塞」)が疑われた直後処置されたマグネシウム注入静脈注射(IV)が、死亡のリスクを減らすことができたことを示しました。

  • 推奨摂取量

    1993年に、欧州食品科学委員会は、1日あたり成人の許容摂取量範囲を150~500ミリグラム(mg)に決定しました(52)。

  • 供給状況

    栄養調査では、ヨーロッパ諸国でのマグネシウム摂取量は平均値であると判断しました。

  • 欠乏症

    植物と動物由来の食物双方にマグネシウムが豊富に含まれるので、バランスの取れた食物を摂取している健康な人々におけるマグネシウム欠乏症は極めて希です(1)。

  • 給源

    マグネシウムは、植物中の緑色色素(「葉緑素」)の一部なので、ほうれん草やバナナなどの果物はマグネシウムの含有量が豊富です。

  • 安全性

    マグネシウムを過剰に摂取した場合の副作用(例えば、下痢)がマグネシウムサプリメント摂取で観察されています。

  • 参考文献

    科学的参照の完全なリストを参照してください