鉄 (Fe) は、ほとんど全ての有機生命体の代謝にとって重要な要素です。ヒトにおいては、鉄は数百個のタンパク質と酵素にとって不可欠な成分です(1, 2)

鉄は、大抵の場合「ヘム錯体」に組み入れられた金属イオンです;酸化還元反応を仲介するタンパク質また、ヘモグロビンなどの酸素のキャリアタンパク質の必須成分です。

Download PDF

保健機能

「ヘム」は、ヘモグロビンとミオグロビンなどの酸素の運搬と保存に関与する多くの重要なタンパク質内に含まれる鉄の化合物です。

疾病リスクの軽減

幾つかの考えられるメカニズムは、鉄欠乏性貧血が子供における認識力発達障害につながるという可能性です。

詳しく見る

鉄について知っておくべきこと

  • その他の適用例

    鉄サプリメントの最も重要な用法は、鉄分欠乏症による貧血を治療することです。

  • 推奨摂取量

    1993年に、欧州食品科学委員会は、1日当たりの鉄参照摂取量(PRI)をミリグラム(mg)で設定しました(22):

  • 供給状況

    ヨーロッパ諸国の内の8ヵ国の地域住民のための調査では、鉄の平均的な摂取量は、男性1日当たり15ミリグラムと女性1日当たり12ミリグラムであることが判明しました(23)。

  • 欠乏症

    鉄分欠乏症の兆候のほとんどは関連する貧血の結果によるもので、労作時の、疲労、頻脈および、呼吸促迫を伴う可能性があります。

  • 給源

    人体によって吸収され、利用される食物あるいは、サプリメントに含まれる鉄の量は、個人の鉄の栄養状態かつ、当該鉄がヘム形(巨大有機リング構造の中心で結合された鉄原子)であるか否かに影響されます。

  • 安全性

    6才以下の幼児における鉄分補充保健薬の中毒事故の最も大きな原因は、鉄を含有する医薬品の過失による過量投薬です。

  • 参考文献

    科学的参照の完全なリストを参照してください