ビタミン

ビタミンは微量栄養素として知られる人体にとっての栄養分として少量が必要とされる有機化合物です。ビタミンと言う用語はラテン語の「vital」と「amine」に由来しており、その理由はビタミンが生命維持に必要なものであり元来アミンと考えられておりました。

ビタミンのほとんどは人体によって生成されないので、食物摂取により得なければなりません。食物摂取におけるそれらの化合物の不足が何らかの明白な徴候として表われる場合は、かかる有機化合物はビタミンと考えられます。

ビタミンは水溶性または、脂溶性の何れかに分類されます。人体内には13のビタミンが存在します:4つは脂溶性(A, D, Eおよび, K)および、9つは水溶性(8つのBビタミンおよび、ビタミンC)。脂溶性ビタミンが人体の脂肪組織内に蓄えられる一方、水溶性ビタミンは人体によって直ぐに使用されなければなりません。全ての残存水溶性ビタミンは、尿と共に体外に排出されます。ビタミンB12は、何年もの間肝臓内に蓄えることが可能な唯一の水溶性ビタミンです。

ビタミンは生命維持と健康な生活に必須です。特定のビタミンの必要量の不足は、不健康で危険でさえある欠乏状態を惹き起こす恐れがあります。従って、ビタミン欠乏症関連の疾患を防ぐためにもビタミンの十分な摂取は極めて重要です。更に、幾つかのビタミンは健康増進と病気治療において相当に役立つ可能性があります。


栄養素

健康的な生活のために不可欠です。

保健機能

ビタミンは、食物と栄養分の消化、尿と排泄を通しての排泄物の除去、成長と発達および、細胞機能の調節などエネルギーを生成し使用する人体内の事実上全ての化学作用に不可欠です。

疾病リスクの軽減

現在に至る研究でビタミン摂取の不足が一部循環器疾患、ガン(癌)および、骨粗しょう症などの慢性疾患の発生を助長する恐れがあることを示す大量のデータを生成しました。更に、治験では食事、強化食品あるいは栄養補助食品によるビタミン摂取が、欠乏関連疾患を防止する効果があることを示しました

詳しく見る

 ビタミンについて詳しく見る

  • その他の適用例

    何年にも亘って、ビタミン研究の重点は主に不足との闘いから健康増進と病気治療に推移してきました。

  • 推奨摂取量

    ヨーロッパと米国の保健機関は、個々人がそれぞれの栄養素を日常摂取すべき量を示すビタミンおよび、その他の微量栄養素のための提言を確立しました。

  • 供給状況

    幾つかの国で実施された栄養調査は、ビタミンとその他の微量栄養素における推定摂取パターンが年齢、性別および、その他の要因によってヨーロッパ全土と米国においては著しく異なることを示しました。

  • 欠乏症

    壊血病 あるいは ペラグラ(ナイアシン欠乏症)などの明白なビタミン欠乏症が先進国で標準的な食事摂取を行っている人々の間で珍しいとされていながら、富裕社会層であまり目立たないビタミン不足が起こっています。

  • 給源

    必須のビタミン摂取の日常の要件を満たす最もよい方法は、様々な食物を含むバランスの取れた食事を食べることです。

  • 安全性

    ビタミンや食物に存在している他の微量栄養素は、一般に安全であると考えられていますが、一定のビタミンの高容量長期間投与は健康に有害であるかも知れません。