ビタミン A

ビタミンA は、給源が動物または、植物の何れかによって、2つのカテゴリーに分類される脂溶性化合物のグループです:

ビタミンAは動物由来の食品に含まれ「既成ビタミン」あるいは、「レチノール」と呼ばれています;ビタミンAの最もアクティブな形の1つです。

果物と野菜の中に含まれるビタミンAは、「プロビタミンAカロテノイド」と呼ばれており、人体内でレチノールに分離されます;カロテノイド「β-カロテン」は最も効率良くレチノールに変換され、重要なビタミンAを形成します。

保健機能

ビタミン (レチノール) は、人体内で幾つかの機能を果たします。最も良く知られているのはその 視力における役割です。レチノールは、眼底に位置する網膜に運ばれ、レチナール酸化が行われます。

疾病リスクの軽減

ビタミンAには腫瘍の発症を食い止め、免疫機能を押し上げる役割がある可能性があることから、レチノールがガンのリスク軽減に役に立つとの提言がなされてきました。

詳しく見る

 ビタミンについて詳しく見る

  • その他の適用例

    網膜における光受容細胞の進行性消失である、網膜色素変性症 (20)は、網膜における光受容細胞の進行性消失で、時間の経過と共に最終的には中心視力と周辺視力が失われます。

  • 推奨摂取量

    ビタミンAの推奨摂取量は、人体が正常な生殖機能、免疫機能、遺伝子表現および、視力を維持するため人体内貯留を確保する必要のあるレチノールの適正量(4ヶ月分)に基づいています。

  • 供給状況

    数カ国にわたって行われた調査では、摂取のパターンが欧州と米国では大幅に異なっていることを示唆しています。ビタミンA欠乏症のリスクにさらされた多くの人々は、既成ビタミン(レチノール)にプロビタミンA(例えば、β-カロテン)を加えた総体的なビタミンAの摂取に依存しています。

  • 欠乏症

    ビタミンA欠乏症は、通常ビタミンA (給源を参照してください)または、β-カロテン;ビタミンAの前駆体を含む食物の摂取不足から発症します。

  • 給源

    遊離レチノールは一般に食品中に見出されないが、レチノールの前駆体および貯蔵形態であるパルミチン酸レチニルは、肝臓、牛乳、乳製品、卵黄、チーズおよび魚など動物由来食品に見出される。

  • 安全性

    急速に吸収され、体内から徐々に除去される既成(preformed)ビタミンA(レチノール)によって引き起こされる急性ビタミンA中毒(ビタミン過剰)は比較的希です。

  • 参考文献

    科学的参照の完全なリストを参照してください