ビタミン B1

チアミンとしても知られるビタミンB1は、遊離チアミンおよび、多様なリン酸化形[チアミン一リン酸塩(TMP)、チアミン三リン酸塩(TTP)および、チアミンピロリン酸塩(TPP)]で人体内に存在する水溶性Bビタミンです。ビタミン B1 は、1926年に確認された最初のビタミンです。

保健機能

マグネシウムを介して、遊離ビタミンB1(チアミン)から合成されたチアミンピロリン酸塩(TPP)は、極めて重要な酵素(例えば、ピルビン酸デヒドロゲナーゼ)のための 補酵素 として働きます。

疾病リスクの軽減

ある予備的証拠では、ビタミンA および、ビタミンB複合体 (B2, B9, B12) などの他の微量栄養素と共にビタミンB1(チアミン)が、眼球の水晶体保護に加えて、白内障発症のリスクを低下させることを示唆しています。

詳しく見る

ビタミンB1について知っておくべきこと

  • その他の適用例

    ウェルニッケ・コルサコフ症候群はビタミンB1(チアミン)欠乏症によって発症する脳障害です。

  • 推奨摂取量

    ビタミンB1(チアミン)がエネルギー活性を促進することから、ビタミンB1の所要量は、活動レベルに大きく左右されるエネルギー摂取と密接に結びついてきます。推奨摂取量は、平均的なカロリー摂取に基づいています。

  • 供給状況

    ヨーロッパ 諸国での国民栄養調査は、以下のようなビタミンBの現在の摂取傾向を示しました。

  • 欠乏症

    ビタミンB1(チアミン)欠乏症は、循環器、神経、筋肉および、消化器系に影響します (1)。重度のチアミン欠乏症による疾患は「脚気」と呼ばれます。

  • 給源

    全粒粉シリアル、マメ科植物(例えば、豆および、レンズ豆)、ナッツ、豚の赤身肉および、イーストはビタミンB1(チアミン)豊富な給源です (2).

  • 安全性

    現在に至るまで、食物中または、長期経口サプリメント投与(1日当たり最大200ミリグラム)による過剰チアミンの摂取の毒性の影響は立証されていません (15, 20).

  • 参考文献

    科学的参照の完全なリストを参照してください