ビタミン B12

動物性食物の中だけに含まれるビタミンB12は、金属イオンコバルトを含んでおりビタミンとしてはユニークな存在です。この理由で、ビタミンB12活性化合物は「コバラミン」と呼ばれます。

人体内で、ビタミンB12は「メチルコバラミン」を形成し、「5-デオキシアデノシル?コバラミン」が使用されます。殆どのサプリメントは「シアノコバラミン」の形で含まれ人体内で変換されます(1)

保健機能

ビタミンB12形メチルコバラミンは、ホモシステインからアミノ酸メチオニン合成過程で触媒作用を及ぼすビタミンB9依存の酵素が機能するための共通因子として必要とされます。

疾病リスクの軽減

80件を超える研究結果では、血液中アミノ酸ホモシステイン濃度の上昇が緩やかであっても、循環器系疾患のリスクを増大させることを示しています(3)。

詳しく見る

ビタミンB12について知っておくべきこと

  • その他の適用例

    胃の細胞がビタミンB12を吸収するために人体に必要な特定のタンパク質(「内因子」)を産生できないときに悪性貧血が起こります。兆候は虚脱感、血の気のない皮膚、下痢、体重減少、熱、痺れおよび、四肢刺痛、平衡感覚障害、精神錯乱、記憶喪失および、興奮性が認められます。

  • 推奨摂取量

    1993年、ヨーロッパ食品科学委員会は、ビタミンB12の参照摂取量(PRI)を1日当たりマイクログラム(mcg)単位で設定しました(26).

  • 供給状況

    ヨーロッパ諸国のビタミンB12についての詳細な摂取データは不十分です。

  • 欠乏症

    食物からのビタミンB12の吸収は、胃、膵臓および、消化管(「腸」)の機能が正常であることを必要とします。

  • 給源

    バクテリアによってのみ合成されるビタミンB12は、肉、鶏肉、魚(貝類を含めて)、ムール貝および、含有量は少ないがミルクなどの畜産物に含まれますが、一般的には植物性産物あるいは、イーストには存在しません(1)。

  • 安全性

    食物または、サプリメントからの健康な人体におけるビタミンB12の高用量摂取と毒性あるいは、副作用との関連性はありません。

  • 参考文献

    科学的参照の完全なリストを参照してください