ビタミン B2

リボフラビンとしても知られるビタミンB2は、水溶性Bビタミンです。「フラビン」という用語は、このビタミンが黄色であることを意味するラテン語の「flavus」が発端となっています。ビタミンB2 は、主として補酵素フラビン・アデニン・ジヌクレオチド(FAD)とフラビン・モノヌクレオチド(FMN)の不可欠な構成要素として人体内に含まれます(1)。リボフラビンから生成された補酵素は、「フラボ補酵素-flavocoenzymes」と呼ばれフラボ補酵素を使う酵素は、「フラビンタンパク質」と呼ばれます(2)

保健機能

生命有機体は、電子の転送を伴って必要なエネルギーを酸化還元(レドックス)反応から生成します。

疾病リスクの軽減

水晶体タンパク質の光誘起による酸化によるダメージが多くの先進国における視覚障害の主たる原因である加齢性白内障の発症につながる可能性があるので、研究は栄養素における抗酸化物質の役割に集中しました。

詳しく見る

ビタミンB2について知っておくべきこと

  • その他の適用例

    脳内のミトコンドリア酸素代謝障害が片頭痛の発症の原因になっている可能性のある証拠があります。

  • 推奨摂取量

    1993年、ヨーロッパ食品科学委員会は、ビタミンB2(リボフラビン)の参照摂取量(PRI)を1日当たりミリグラム(mg)単位で設定しました (14).

  • 供給状況

    ヨーロッパ諸国での国民栄養調査は、幾つかのビタミンBの現在の摂取傾向を明らかにしています。

  • 欠乏症

    ビタミンB2(リボフラビン)欠乏症の症状は、咽頭痛、口腔および、咽喉粘膜の充血および腫脹、口唇の外部周辺部や口角のひび割れや痛み、舌の炎症と充血および、湿疹、鱗屑性皮膚炎。

  • 給源

    ほとんどの植物および、動物由来の食物は、少なくとも少量のビタミンB2(リボフラビン)を含んでいます。相当量のリボフラビンを含む食物は、ミルク、卵、鮭、牛肉、ほうれん草、アスパラガスおよび、ブロッコリです。

  • 安全性

    人におけるビタミンB2(リボフラビン)の高用量摂取の毒性あるいは、健康への副作用は報告されていません。

  • 参考文献

    科学的参照の完全なリストを参照してください