ビタミン B6

ビタミンB6は水溶性のビタミンです。ビタミンB6には、通常食物に含まれるビタミンB6の3つの異なる形がありますそれらは、ビリドキシン、ピリドキサミンおよび、ピリドキサールです。人体の代謝にとって、ビタミン、ピリドキサール5'-リン酸塩(PLP)の活性誘導体は代謝活性補酵素形として非常に重要です (1, 2, 3)

Download PDF

保健機能

ビタミンB6、ピリドキサールリン酸塩(PLP)の活性形は、人体内における必須の化学反応(触媒作用)の速度を加速する約100の酵素機能よって重要な役割を果たします(1, 2, 3, 4, 5)。

疾病リスクの軽減

タンパク質消化時に、「メチオニン」とメチオニン代謝における中間物であるホモシステインを含むアミノ酸が放出されます。

詳しく見る

ビタミンB6について知っておくべきこと

  • その他の適用例

    欠乏症を防止するために必要な投与量 (推奨摂取量を参照してください) より遥かに大量のビタミンB6が多種多様な症状を治療する試みに使用されています。

  • 推奨摂取量

    ビタミンB6所要摂取量に影響する傾向のある幾つかの要因の中でタンパク質は最も研究されている物質です。

  • 供給状況

    ヨーロッパ 諸国における国民栄養調査では、1日当たり1.6~3.6ミリグラムの範囲内で、成人1日当たり3ミリグラムをビタミンB6(ピリドキシン)の概算摂取量として示しました (38).

  • 欠乏症

    ビタミンB6欠乏症の複数の研究で、興奮性、欝症状および、精神錯乱など神経症状が指摘されています.

  • 給源

    人体ではビタミンBは合成できないので、食物から摂取しなければなりません。

  • 安全性

    ビタミンB6は水溶性ビタミンであり、尿中排出されますが、長期間の非常に高用量のピリドキシン投与(1日当たり1,000ミリグラムを超える)は結果的に感覚性ニューロパチーを引き起こす可能性があります。

  • 参考文献

    科学的参照の完全なリストを参照してください