ビタミン B7

ビオチン、ビタミンHあるいは、ビタミン8としても知られるビタミンB7は全ての有機体にとって不可欠な水溶性のビタミンです。ビオチンには8つの異なる形がありますが、それらのうちのDビオチンは唯一天然に存在し、完全なビタミン活性を備えています。ビオチンは、バクテリア、黴(かび)、イースト、藻類および、特定の植物種によってのみ合成されます (1, 2)

保健機能

人体内では、ビタミンB7(ビオチン)は、「カルボキシラーゼ」として知られている5つの酵素の活性サイトに付随する補酵素です(3)。

疾病リスクの軽減

調査によれば、妊娠期間においてはビタミンB7(ビオチン)がより急速に分解し、妊娠の経過と共にビオチンの栄養状態が低下することが確認されました(6, 8, 9)。

詳しく見る

ビタミンB7について知っておくべきこと

  • その他の適用例

    研究によれば、ビタミンB7(ビオチン)によって、真性糖尿病の発症により阻害されるグルコース利用を改善できることを示唆しています。

  • 推奨摂取量

    最適な健康状態あるいは、慢性疾患を防止するために必要なビオチン食物摂取量に関してはほとんど確認されておりません。

  • 供給状況

    ヨーロッパ諸国の国民栄養調査では、成人を対象とする予測概算食物ビタミンB7(ビオチン)摂取が1日当たり36マイクログラム(mcg)であることを示しました(26)。

  • 欠乏症

    ビタミンB7(ビオチン)欠乏症は極めて希で、幾つかのインジケーターで測定することが可能です(4, 29, 30, 31)。

  • 給源

    ビタミンB7(ビオチン)は、多くの食物中に存在しますが、一般的に他の水溶性ビタミンに比較して含まれる量は少量です。卵黄、レバーおよび、イーストはビオチンの含有量が豊富です。

  • 安全性

    ビタミンB7(ビオチン)の毒性は確認されておりません

  • 参考文献

    科学的参照の完全なリストを参照してください