ビタミン B9

ビタミンB9、葉酸および、葉酸塩という用語は一般的に区別なく使用されます。葉酸はより安定した形で人体内に代謝的活性体として含まれまた同様に、食物中に含まれる一方(1) 、実際には自然界にはめったに存在せず、ほとんどの場合、栄養補助食品および、強化食品の形で利用されています。

保健機能

人体内のビタミンB9(葉酸)補酵素の独特の機能は、核酸とアミノ酸代謝の重要で多様な反応における1炭素単位(例えば、メチル、-CH3および、メチレン基、-CH2-)のアクセプターとドナーの働きをしていると考えられます(2, 3)。

疾病リスクの軽減

神経管欠損症(NTD)は、女性が妊娠に気付かない可能性のある時期即ち、受胎後の21日目から27日目までの間に起こり時に破壊的で、致命的な先天性欠損症をもたらします (5) 。

詳しく見る

ビタミンB9について知っていること

  • その他の適用例

    複数の研究では、鬱病の人々の15~35%が体内のビタミンB9(葉酸)濃度が低く、極度の低濃度の人々が最も欝状態になり易いことを示しています。

  • 推奨摂取量

    新たにビタミンB9(葉酸)についての食物摂取上の推奨量を設定するために、天然に得られる食物葉酸に比較したサプリメントや強化食品に含まれる合成葉酸のより高い生物学的利用能を考慮に入れて「食物葉酸当量(DFE)」が使用されています (35) 。

  • 供給状況

    ほとんどのヨーロッパ諸国で、平均的なビタミンB9(葉酸)摂取は国の定める推奨量を満たしていません.

  • 欠乏症

    葉酸不足の初期段階における患者には、明らかな兆候が現れないかも知れませんが、ホモシステインの血中レ濃度は上がる可能性があります。

  • 給源

    調理されたほうれん草、アスパラガスおよび、ヒラマメと同様、柑橘類植物ジュースはビタミンB9(葉酸)が豊富に含まれた給源です(1)。

  • 安全性

    食物からの過剰なビタミンB9(葉酸)の摂取に関連する副作用はありません。安全についての懸念は、合成された葉酸摂取に限定されます。

  • 参考文献

    科学的参照の完全なリストを参照してください