ビタミンB9 // 葉酸

参考文献

参考文献

  1. 食品栄養委員会、(米)医学研究所。葉酸。食事摂取基準量:チアミン、リボフラビン、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12、パントテン酸、ビオチンおよび、コリン。Washington, D.C.: National Academy Press; 1998:193–305.
  2. Choi SW, Mason JB. 葉酸塩および、発ガン:統合スキーム。J Nutr. 2000; 130(2):129–132.
  3. Bailey LB, Gregory JF, 3rd. 葉酸代謝と所要量。 J Nutr. 1999; 129(4):779–782.
  4. Gerhard GT, Duell PB. ホモシステインとアテローム性動脈硬化症。Curr Opin Lipidol. 1999; 10(5):417–428.
  5. Honein et al. 神経管欠損発症における米国食品供給の葉酸強化の影響。JAMA, 2001; 285:2981–6.
  6. Laurence KM, James N, Miller MH, Tennant GB, Campbell H. 神経管欠損症再発防止のための受胎前葉酸治療の二重盲検法によるランダム化比較試験。Br Med J (Clin Res Ed) 1981; 282(6275):1509–11.
  7. 7. Smithells RW, Nevin NC, Seller MJ, Sheppard S, Harris R, Read AP, et al. 神経管欠損再発防止のためのビタミンサプリメント投与の追加知見。Lancet 1983; 1(8332):1027–31.
  8. Eskes TK. 開かれているのか、閉ざされているのか?差異の世界:ホモシステイン研究の歴史。Nutr Rev. 1998; 56(8):236–244.
  9. 神経管欠損症の防止:英国国立医学研究協議会ビタミン研究部会(Medical Research Council Vitamin Study)の結果。Lancet 1991; 338(8760):131–7.
  10. Scholl TO, Johnson WG. 葉酸:妊娠の結果への影響。Am J Clin Nutr, 2000; 71(5):1295–1303.
  11. Boushey CJ, Beresford SA, Omenn GS, Motulsky AG. 血管疾患のためのリスクファクターとしての血漿ホモシステインの量的なアセスメント。葉酸摂取増加の利点の可能性。JAMA. 1995; 274(13):1049–1057.
  12. Malinow MR, Bostom AG, Krauss RM. ホモシステイン、食物および、循環器系疾患:栄養委員会、アメリカ心臓協会からの医療従事者のためのステートメント。血液循環。1999; 99(1):178–182.
  13. Voutilainen S, Rissanen TH, Virtanen J, Lakka TA, Salonen JT. 低食物葉酸摂取は、深刻な冠動脈疾患イベントの余分な発生と関連:The Kuopio Ischemic Heart Disease Risk Factor Study.: The Kuopio Ischemic Heart Disease Risk Factor Study. 血液循環。2001; 103(22):2674–2680.
  14. ホモシステインの血中濃度における葉酸の用量依存効果:ランダム化試験のメタ・アナリシス。Am J Clin Nutr. 2005; 82(4):806–812.
  15. Saposnik G. et al. ホモシステイン低下療法と脳梗塞のリスク、重症度および、身体障害:HOPE2研究からの追加研究成果。脳梗塞、2009; 40:1365.
  16. Bazzano LA, Reynolds K, Holder KN, He J. 循環器系疾患のリスクにおける葉酸サプリメント投与の効果:ランダム化比較試験のメタ・アナリシス。JAMA. 2006; 296(22):2720–2726.
  17. Wang X. et al. 脳梗塞防止における葉酸サプリメント投与の効力:メタ・アナリシス。 The Lancet, 2007. 369 (9576):1876–1882.
  18. Sanjoaquin MA, Allen N, Couto E, Roddam AW, Key TJ. 葉酸摂取と結腸直腸癌リスク:メタ・アナリシス的なアプローチ。Int J Cancer. 2005; 113(5):825–828.
  19. Su LJ, Arab L. 葉酸の栄養状態と結腸直腸ガンリスク:NHANES I 疫学追跡調査からの証拠。 Ann Epidemiol. 2001; 11(1):65–72.
  20. Terry P, Jain M, Miller AB, Howe GR, Rohan TE. 女性のコホート研究における葉酸食物摂取と結腸直腸ガンリスク。Int J Cancer. 2002; 97(6):864–867.
  21. Giovannucci E, Rimm EB, Ascherio A, Stampfer MJ, Colditz GA, Willett WC. アルコール、低メチオニン--低葉酸食物および、男性における結腸直腸ガンのリスク。 J Natl Cancer Inst. 1995; 87(4):265–273.
  22. Cole BF, Baron JA, Sandler RS, et al. 結腸直腸腺腫防止のための葉酸:ランダム化臨床試験。 JAMA. 2007; 297(21):2351–2359.
  23. Kim YI. 高用量葉酸摂取は乳ガンのリスクを増やすか?Nutr Rev. 2006; 64(10 Pt 1):468–475.
  24. Rohan TE, Jain MG, Howe GR, Miller AB. 食物葉酸摂取と乳ガンのリスク。J Natl Cancer Inst. 2000; 92(3):266–269.
  25. Sellers TA, Kushi LH, Cerhan JR, et al. 閉経後の女性のプロスペクティブ研究における食物葉酸摂取、アルコールおよび、乳癌のリスク。疫学。2001; 12(4):420–428.
  26. Zhang S, Hunter DJ, Hankinson SE, et al. 葉酸摂取と乳ガンのリスクのプロスペクティブ研究。 JAMA. 1999; 281(17):1632-1637.
  27. Weir DG, Molloy AM. 高齢者の微小血管疾患と認知症:高ホモシステイン血症と関連性はあるのか?Am J Clin Nutr. 2000; 71(4):859–860.
  28. Snowdon DA, Tully CL, Smith CD, Riley KP, Markesbery WR. 血清葉酸とアルツハイマー病の大脳新皮質萎縮の重症度:修道女研究からの研究成果。Am J Clin Nutr. 2000; 71(4):993–998.
  29. Luchsinger JA, Tang MX, Miller J, Green R, Mayeux R. 高齢者におけるアルツハイマー病の低発症リスクと高用量葉酸摂取。Arch Neurol. 2007; 64(1):86–92.
  30. Morris MC, Evans DA, Schneider JA, Tangney CC, Bienias JL, Aggarwal NT. 偶発的アルツハイマー病と関連性のない食物葉酸および、ビタミンB12および、B6。J Alzheimers Dis. 2006; 9(4):435–443.
  31. Morris MC, Evans DA, Bienias JL, et al. コミュニティ居住の高齢者に共通する食物葉酸および、ビタミンB12摂取と認知症。Arch Neurol. 2005; 62(4):641–645.
  32. Wang HX, Wahlin A, Basun H, Fastbom J, Winblad B, Fratiglioni L. アルツハイマー病の発症とビタミンB12および、葉酸との関連性。神経学。2001; 56(9):1188–1194.
  33. Seshadri S, Beiser A, Selhub J, et al. 認知症とアルツハイマー病のリスクファクターとしての血漿ホモシステイン。N Engl J Med. 2002; 346(7):476–483.
  34. Alpert JE, Mischoulon D, Nierenberg AA, Fava M. 栄養素と鬱病:葉酸に焦点を当てる。栄養素。2000; 16:544–581.
  35. Bailey LB. 葉酸のための食事摂取基準量:食物葉酸当量の登場。Nutr Rev. 1998; 56(10):294–299.
  36. 食品科学委員会(シリーズ31号)、欧州共同体における栄養素とエネルギーの摂取に関する報告書。1993年。
  37. Bailey LB, Gregory JF, 3rd. メチレンテロラヒドロ葉酸レダクターゼや他の酵素の多型:葉酸摂取所要量における代謝の意義、リスクおよび影響。J Nutr. 1999; 129(5):919–922.
  38. Kauwell GP, Wilsky CE, Cerda JJ, et al. メチレンテトラヒドロ葉酸レダクターゼ変異(677C-->T)は高齢者女性における潜在的葉酸摂取が否定的に血漿ホモシステイン反応に影響。代謝。2000; 49(11):1440–1443.
  39. De Bree A et al., ヨーロッパに於ける葉酸摂取:推奨、実際および、目的とする摂取、, European Journal of Clinical Nutrition 51 (1997) 643–660.
  40. Nationale Verzehrsstudie II, 2008 (www.was-esse-ich.de), Max-Rubner-Institut, Karlsruhe, Germany.
  41. 食物についてのEC 葉酸の上限摂取許容量に関する科学委員会、食品科学委員会の意見、欧州委員会28.11.2000. 
  42. Gassin AL, 強化食品とヨーロッパの消費者:消費者意識と食物強化に対する姿勢、Scandinavian Journal of Nutrition 43/4 (1999) 122–124.
  43. McNulty H, Cuskelly GJ, Ward M. 介入への赤血球葉酸の反応:神経管欠損の防止のための葉酸推奨の意味。Am J Clin Nutr. 2000; 71(5):1308–1311.
  44. 葉酸指令前および、指令後の脊椎披裂および、無脳症--米国 1995-1996 and 1999-2000. MMWR Morb Mortal Wkly Rep. 2004; 53(17):362–365.
  45. Mills JL, Signore C. 葉酸による食物強化前および、後の神経管欠損症率。先天性欠損症 Res A Clin Mol Teratol。2004; 70(11):844–845.
  46. Herbert V. 葉酸。In: Shils M, Olson JA, Shike M, Ross AC, eds. 健康と病気における栄養。第9版。Baltimore: Williams & Wilkins; 1999:433–446.
  47. Hendler SS, Rorvik DR, eds. 栄養素サプリメントのためのPDR 。Montvale: Medical Economics Company, Inc; 2001.
  48. Cole BF, Baron JA, Sandler RS, et al. 結腸直腸腺腫防止のための葉酸:ランダム化臨床試験。 JAMA, 2007; 297(21): 2351–2359.
  49. Figueiredo J. C.et al. 葉酸と前立腺ガンのリスク:ランダム化臨床試験からの結果。2009; 101:432–435.
  50. Ebbing M et al, 葉酸および、ビタミンB12投与治療後のガン発症率および、死亡率。Jama, 2009; 302(19); 2119-2126
  51. Drake BF and Colditz GA, ガン予防研究を検証する-時間の問題。JAMA, 2009; 302(19); 2152-2126
  52. 欧州食品安全機関、食品科学委員会。ビタミンとミネラルのための許容上限摂取量。2006: ISBN: 92-9199-014-0.