ビタミン C

ビタミンCは、ビタミンCの存在が証明される以前から医師たちが柑橘系果物の中に数百年前多くの船員たちの命を奪った壊血病を防止する化合物として存在することを知っていました。その後の研究で、ほとんどの動物が自らの体内でビタミンCを合成できるのに対してヒトは外部の給源から人体にとって必要なビタミンCを摂取できることが明らかになりました(1)

保健機能

ビタミンCは、血管、腱、靭帯および、骨の重要な構成成分であるコラーゲン合成に不可欠です。

疾病リスクの軽減

以前のプロスペクティブ研究の結果では、ビタミンCの低摂取あるいは摂取不足が心血管疾患のリスク増加の原因となっており、1日当たり約100ミリグラムの適度な食物摂取で非喫煙の男女の心血管疾患リスクを最大限軽減できることを示しました(2)。

詳しく見る

ビタミンCについて知っておくべきこと

  • その他の適用例

    ビタミンCによる治療では、一貫して狭心症、鬱血性心不全、高コレステロールおよび、高血圧と同様、アテローム性動脈硬化症を発症した患者における血管拡張改善につながりました。

  • 推奨摂取量

    1993年、ヨーロッパ 食品科学委員会は、ビタミンCの参照摂取量(PRI)を1日当たりミリグラム(mg)単位で設定しました (36):

  • 供給状況

    オーストリア(37) 、アイルランド(38)および、オランダ(39)などのヨーロッパ諸国数ヵ国での栄養調査では、ビタミンCの推奨摂取量を満たしているのは人口の僅か50%弱であることを示唆しています。

  • 欠乏症

    重度のビタミンC欠乏症は、潜在的に致命的な疾病である「壊血病」としても知られています。症状としては、出血および、傷ができ易いおよび、毛髪や歯の損失、関節痛および、腫脹などです。

  • 給源

    イチゴ、オレンジ、グレープフルーツ、レッド?パプリカおよび、ブロッコリなど高ビタミンC含有量の幾つかの果物と野菜があります。

  • 安全性

    研究報告では、ビタミンCの極度の高用量投与については問題が起きる多くの可能性(例えば、先天性欠損症、ガン、アテローム性動脈硬化症、酸化ストレスの増加、腎臓結石)が指摘されて

  • 参考文献

    科学的参照の完全なリストを参照してください