ビタミン D

ビタミンDは、人体内の鉱物バランスを維持するために不可欠な脂溶性ビタミンです。人体内において最もアクティブなビタミンDの型であるビタミンD3(「コレカルシフェロール」)は日光からの紫外線B放射(UVB)への露出によって皮膚内で合成されます(1)。UVB放射への露出が不足している場合、食物からのビタミンDの所要量摂取は健康に不可欠です。

植物は、紫外線によってビタミンDの不活性態(D3の30%以下)であるビタミンD2(エルゴカルシフェロール)に変換されるエルゴステロールを合成することができます(2)

食物中で摂取あるいは、皮膚内で合成された後に、ビタミンDの生物学的不活性体は血液循環に入り、ビタミンDの主要な循環形でありかつ、ビタミンDステータスのインジケーターである25-ヒドロキシビタミンD[25(OH)D]が形成される肝臓に運ばれます。

日光への露出の増加あるいは、ビタミンDの食物摂取の増加は、25(OH)Dの血中濃度を増やして、血中25(OH)D濃度を有効なビタミンD栄養状態のインジケーターにします。

腎臓では、25(OH)Dは、ビタミンDの最も強力な形態である1アルファ、25-ジヒドロキシビタミンD[1,25(OH)2D]に変換されます。人体内におけるビタミンDの生理学上の効果のほとんどは、1,25(OH)2D活性に関連しています (3)。その効果はビタミンD受容体(VDR)を通して媒介されます (VDR) (4)。人体組織内全体で200を超える遺伝子が1,25(OH)2Dにより制御されることは周知の事実です(5)

保健機能

ビタミンDは人体におけるカルシウム の効率的な利用に必須です(1)。血中カルシウム濃度の維持は、骨増殖と骨密度の維持のみならず、神経系の正常な機能にとって極めて重要です。

疾病リスクの軽減

日光への露出あるいは、食物摂取による十分なビタミンDが確保できなければ、消化管でのカルシウムの吸収を最大化することができません。

詳しく見る

ビタミンDについて知っておくべきこと

  • 推奨摂取量

    1993年、ヨーロッパ 食品科学委員会は、ビタミンDの参照摂取量(PRI)を1日当たりマイクログラム(mcg)単位および、国際単位(IU)で設定しました(60).

  • 供給状況

    ドイツ (95), オーストリア (66), アイルランド (67), オランダs (68) および、英国(69), などヨーロッパ 諸国数ヵ国での調査では、人口のかなりの部分においてビタミンD摂取量が推奨量を下回っていることを示しています。

  • 欠乏症

    成人の骨格はもう成長しませんが、それらの骨格は絶えず骨の破壊(「再吸収」)と骨形成を含む回生(「再形成」)状態にあります。

  • 給源

    多くの専門家たちによると、緯度40度に居住する皮膚の色が白い人々の場合、春、夏および、秋の間午前10時から午後3時までの間に1週間に3回両腕と両脚また、両脚または、顔面と両腕を太陽光(紫外線B放射)に10分~15分間露出することにより皮膚で産生される十分なビタミンD3を確保することができます(87)。

  • 安全性

    ビタミンDの毒性(「ビタミンD過剰症」)は、健康維持に必要な投与量より遥かに高い毎日の投与量が50,000 IUを超えるビタミンD(76)の過剰なサプリメント摂取時にのみ起こります。

  • 参考文献

    科学的参照の完全なリストを参照してください