ビタミン K

脂溶性のビタミンKは、血液凝固に関与する幾つかのタンパク質の機能に必須です(1)。ビタミンKは天然に存在する2つの形があります:ビタミンK(フィロキノン)は植物によって合成されます;ビタミンK2形(メナキノン)は主に乳製品に存在しまた、小さな範囲では動物の消化管のバクテリアによって生成されます(2)

血液凝固おける周知の役割に次いで、ビタミンKは幾つかの潜在的な健康上の利点をもたらします。ビタミンKの異型が疾病リスクの軽減に変化に富む際立った効果をもたらす科学的証拠が増え続けています。

Download PDF

保健機能

ビタミンKの明確な既知の生物学上の役割は、特定のタンパク質のカルシウムへの結合を可能にする酵素にとっての共通因子としての役割です(3, 4)。

疾病リスクの軽減

大規模疫学研究では、ビタミンK が加齢性骨損失(骨粗しょう症)に関連することを立証しました。

詳しく見る

ビタミンKについて知っておくべきこと

  • 推奨摂取量

    ビタミンK要件についての情報が不足しているため、ヨーロッパ食品科学委員会は、ビタミンKのための参照摂取量(PRI)を設定していませんが、毎日の摂取量キログラム(kg)体重当たり1マイクログラム(mcg)が適正で、通常食物摂取により与えられるべきだと考えています(25)。

  • 供給状況

    ヨーロッパ諸国の数ヵ国でにの調査により、ビタミンKのための平均概算食物摂取量を提供しました:英国では平均摂取量を1人1日当たり68マイクログラム(mcg)に設定し(28)、一方オランダでは平均摂取量を1人1日当たり最大250マイクログラム(mcg)としました (29) 。

  • 欠乏症

    明白なビタミンK欠乏症は、通常血液凝固時間を測定する検体検査によって判明し、最終的には血液凝固障害に至ります。

  • 給源

    ビタミンKの主たる食物給源の形である食物ビタミンK1(フィロキノン)は、主にケール、パセリおよび、ブロッコリなどの緑色葉物野菜と幾つかの植物油(大豆、綿実、キャノーラおよび、オリーブ)に含まれています。

  • 安全性

    健常者においては、ビタミンKの2型であるビタミンK1(フィロキノン)あるいは、ビタミンK2(メナキノン)の高用量投与に安全性に関するリスクは全くありません(27)。

  • 参考文献

    科学的参照の完全なリストを参照してください