ノウハウ&知識

報道発表のほか

事例報告

(臨床経験報告、病歴あるいは、一症例として知られる)
少数の主題に基づいた個々の見解。

偏向リスクが非常に高いので、事例報告が提供する内容は実証的証拠としては弱いと
考えられます。事例報告は更なる研究の余地のあることを示唆します。

収縮期血圧(最大血圧)

最も高い動脈圧は、心拍サイクル間に測定された血圧表示(例えば、120/80)の最初の
数値。

循環系

血液、心臓および、血管が循環系を形成します。

心筋梗塞(MI)

血液供給の阻害による心筋組織の死(壊死)。心筋梗塞は、一般的に心臓発作として知
られていて、アテローム性動脈硬化症(心疾患)を発症している患者の心臓内での凝血
塊による冠状動脈閉塞に起因します。

心血管疾患

心臓麻痺(心筋梗塞)、鬱血性心不全、および脳梗塞を含むアテローム性動脈硬化症に
起因する多くの症状を含む心臓および、血管に影響を与える包括的症状。

手根管症候群

手首の正中神経の圧縮のため手と指のしびれ、疼痛および、麻痺を伴う疾患。それは時によって、妊娠もしくは、甲状腺ホルモン欠乏症(甲状腺機能不全)に伴い発症する手首の反復性ストレス障害あるいは、軟部組織の腫脹をもたらします.

症例対照研究

特定の疾患あるいは、興味のあるアウトカム(症例)を持つ人々を疾病あるいは、アウ
トカムを持たない同じ人口からの人々(コントロール)と遡及的に比較し且つ、特定の
興味のある因子(例えば微量栄養素)に対するアウトカムと事前の露出の関連性を見出す
ことを目論む研究。

この研究タイプでは、多くの形のバイアス(例えば、症例とコントロールあるいは、栄養素摂取習性の再現を選択した場合)が存在する可能性があるため、症例対照研究は適切
に実施されたとしても、実証的証拠として比較的弱い面があると考えられます。

真性糖尿病

肝臓、筋肉および、脂肪組織の細胞に血液からのグルコースを吸収させ、体内でのホル
モンインスリン(グルコース耐性)の生成あるいは、反応不全による異常に高い血糖
(グルコース)値を特徴とする慢性の代謝疾患。 
 
「1型真性糖尿病」、インスリン依存性または、若年型糖尿病(IDDM)とし
て知られる糖尿病で、通常膵臓のインスリン分泌ベータ細胞の自己免疫破壊の結果発症
します。

最も一般的な形の糖尿病が「2型真性糖尿病」で、膵臓によって分泌され
るインスリンに対する感受性が低下し発症する、非インスリン依存性または、成人発症型糖尿病(NIDDM)として知られています。

神経伝達物質

1つの神経細胞からリリースされて、他の神経細胞あるいは器官(例えば、筋肉)に刺激を伝達する化学物質。アセチルコリン、ドーパミンおよび、セロトニンは神経伝達物質です。

神経変性疾患

脳と脊髄の細胞(ニューロン)が破壊される状態。時間の経過とともに、運動機能、感
覚情報の処理および、判断機能の機能不全に至ります。

神経管欠損(NTD)

中枢神経系に惹き起こされる構造上の欠陥で、神経管の異常発達によって起こる先天的
障害。神経管欠損は、脳の殆ど/全ての脳の欠如(無脳症)と脊髄の保護の欠損(脊椎披
裂)を含みます

脂肪酸

脂肪酸は、一端でカルボキシル基(-COOH)を伴う炭素鎖骨格として配列された元素、炭素(C)、水素(H)および、酸素(O)により構成されます。脂肪酸は、「飽和」、「不飽和」状態で存在できます。飽和脂肪酸は、炭素原子が保有することができる全ての水素を持っています;飽和脂肪酸は、水素原子で飽和します。不飽和脂肪酸は、水素によって飽和せず、従って、炭素原子間に二重結合(=)を形成しています。「一価不飽和脂肪酸」が単一の二重結合を形成しているのに対して、「多価不飽和脂肪酸」は、1つ以上の二重結合を形成しています。脂肪酸は、多くの場合「C18:2」のような表記法によって表されています。これは、当該脂肪酸が18の炭素鎖と2つの二重結合を形成していることを表しています。

脂質(血液中の)

脂質は、幾つかのビタミンを運搬するために人体内で使用できる血液中で発見された脂
肪質の物質であり、エネルギー源です。血中脂質は、コレステロール と トリグリセリ
ドを含みます。人間の摂取する食物を通して、幾つかの脂質は人体内に入ります。幾つ
かは人体自身が生成します。

触媒作用

触媒として知られている化学物質によって化学反応率(速度)が増加する(加速される)か、減少する(抑制されて速度が落ちる)プロセス。触媒は、化学反応に関与する他の試薬と異なり、反応自身によって消費されず、複数の化学変換が関与する可能性があります。

食物繊維

植物性食物の不消化部分(例えば、セルローズ、リグニン、キチン、ペクチン)で消化
器系統を通して食物を押出、水を吸収し排便を容易にします。食物繊維を摂取する潜在
的な利点は、バクテリアによる水溶性繊維の醗酵を促す一方、健康促進化合物を生成し、
不溶性の繊維の力(パッシブ水誘致物質によって)で量を増やし、便を軟らかくし、
腸(「腸 管」)を通過する時間を短縮することができることです。

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報