ノウハウ&知識

報道発表のほか

プロスペクティブ(前向き)コホ―ト研究

観察研究 では、1グループの人々-コホート-がリスク要因(例えば、食物摂取)につ
いてインタビューを受けテストを受け、次に疾病と健康結果についてのその人々の状態
を決定するためその後の然るべき時期に追跡調査が行われます

プロスペクティブ(前向き)研究

現在のリスクステータスあるいは、露出に従って識別される人々についての研究、医療
介入の評価では、結果を観察する時間を通して調査が続けられます。前向き研究では、
疑われるリスクまたは、防護係数(例えば、特定の栄養上の行動)がどのように具体的
な発症機序に影響するかを求めます。最初に適切な参加者を募集し、露出がどのように
次の数ヶ月または、数年間にこの人々の中で病気のリスクに影響するかを確認します。 
 
プロスペクティブ(前向き)研究は、レトロスペクティブ(遡及的)研究より強力な証拠を持つより正確な結果をもたらすと考えられ
ます。

 

慢性疾患

長期に亘る病気もしくは、再発する病気。

膜電位

膜電位は細胞の内外、細胞膜全般に亘って存在する電位の差のこと。膜電位は、カリウ
ム イオン (K+)とカリウムと交換にナトリウムを細胞から送り出して、細胞膜内のイオ
ンポンプによって維持されている細胞膜を横切るナトリウムイオン(Na+)の濃度差の結
果です。人体の休止エネルギー消費(典型的成人中の20~40%)の大きな比率は、細胞
の内外で神経刺激伝達、筋収縮、心臓機能および、栄養素と代謝産物の運搬に重要な役
割を果たす電位膜を維持することに充てられます。

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報