• 画期的な研究 - 長鎖オメガ3脂肪酸が早産のリスクを軽減

    In Expert opinion ·  11月 21, 2018

    妊娠中の長鎖オメガ3(DHAとEPA)の摂取と妊娠期間の長さに関する相関性について示した画期的なコクランレビューが先日発表されました。科学的な証拠分析による「ゴールドスタンダード」として、コクランレビューの著者は、長鎖オメガ3sの500 mg ~ 1,000 mgの摂取(DHAを最低500㎎含む)が早期早産(ePTB、妊娠周期34週未満)を含む早産のリスクを低下させる可能性があると示唆しています

栄養素

健康的な生活のために不可欠です.

概要

消費者、医療従事者および、メディア代理店のための必須微量栄養素についての高度な専門情報源であるNUTRI-FACTSへようこそ。
NUTRI-FACTSは科学的に実証された事実とビタミン、カルテノイドおよび、他の微量栄養素についての最新ニュースをご提供します。

ノウハウ

健康と幸福のための栄養素に関する専門知識とツール。

This website is certified by Health On the Net Foundation. Click to verify. This site complies with the HONcode standard for trustworthy health information: verify here.

 

© DSM 2017. このウェブサイトのコンテンツは、科学と北アメリカのオーディエンスのために承認された栄養機能性表示に基づいています。他の国や地域では、異なる栄養機能性表示が適用される場合があります。NUTRI-FACTS 内に含まれる情報は、情報提供のみを目的としており、医学的なアドバイス、診断や治療と解釈されるべきではありません。ご自身の食事療法を変更する前に、医師や健康管理士にご相談ください。

本ウェブサイトのコンテンツの大部分は、プロの翻訳者によって英語から翻訳されたものです。できる限り多くの読者にとってわかりやすい内容にするため、国内のみで使用される単語やフレーズは避けるよう、特に注意を払っています。万が一、聞き慣れない用語や表現があった場合には、お詫び申し上げます。