リコピン

参考文献

参考文献

  1. Di Mascio P, Kaiser S, Sies H. 最も有能なな生物学上の一重項酸素抑制者としてのカロテノイド。Arch Biochem Biophys. 1989; 274(2):532–538.
  2. Holick CN, Michaud DS, Stolzenberg-Solomon R, et al. 食物カロテノイド、血清β-カロテンとレチノールおよび、アルファ-トコフェロール、β-カロテンにおける肺ガンのリスク・コホート研究。Am J Epidemiol. 2002; 156(6):536–547.
  3. Giovannucci E. トマト、リコピンおよび、前立腺ガンの疫学研究の検証。Exp Biol Med (Maywood). 2002; 227(10):852–859.
  4. Giovannucci E, Ascherio A, Rimm EB, Stampfer MJ, Colditz GA, Willett WC. 前立腺ガンのリスクとの関連おけるカロテノイドとレチノールの摂取。J Natl Cancer Inst. 1995; 87(23):1767–1776.
  5. Gann PH, Ma J, Giovannucci E, et al. 血漿リコピン濃度の上昇による男性に前立腺ガンのリスク低減:プロスペクティブ分析の成果。Cancer Res. 1999; 59(6):1225–1230.
  6. Kirsh VA, Mayne ST, Peters U, et al. リコピンとトマト関連製品摂取と前立腺ガンのリスクについてのプロスペクティブ研究。Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2006; 15(1):92–98.
  7. Dahan K, Fennal M, Kumar NB. 前立腺ガン予防におけるリコピン。J Soc Integr Oncol. 2008; 6(1):29–36.
  8. Al-Delaimy WK. et al. ヨーロッパ9ヵ国における6カロテノイドの血漿濃度:European Prospective Investigation into Cancer and Nutrition (EPIC)からの報告。Public Health Nutr 2004: 7:713–722.
  9. Müller H. 毎日の全体の食物からの1日当たりのカロテノイドの摂取(カロテノイドおよび、キサントフィル)および、選ばれた野菜および、果物のカロテノイドの内容。Z Ernährungswiss. 1996; 35: 45–50.
  10. 食物色素としての糸状菌Blakesleatrispora由来の油懸濁液とリコピンの冷水分散型を含むアルファ-トコフェロールの使用上のアプリケーションにおける食品添加物、風味、加工助剤および、食品接触素材についての欧州食品安全機関(EFSA )科学委員会の見解。2005年。
  11. Johnson-Down L. et al. カナダ人の食習慣。カナダ住民におけるルテインとリコピン摂取。J Am Diet Assoc 2002; 102:988–991.
  12. Solomons NW. ビタミンAおよび、カロテノイド。In: Bowman BA, Russell RM, eds. 栄養素についての現在の知見。第8版。Washington, D.C.: ILSI Press; 2001: 127–145.
  13. Shao A, Hathcock JN. カルテノイドルテインとリコピンに関するリスクアセスメント。Regul Toxicol Pharmacol. 2006; 45 (3):289–98.
  14. Hendler SS, Rorvik DR, eds. 栄養素サプリメントのためのPDR 。Montvale: Medical Economics Company, Inc; 2001.
  15. 米国医学研究所食品栄養委員会。β-カロテンとその他のカロテノイド。ビタミンC、ビタミンE、セレニウムおよび、カロテノイドのための食事摂取基準量。Washington, D.C.: National Academy Press; 2000:325–400.

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報