ミネラル // マグネシウム

欠乏症

原因

植物と動物由来の食物双方にマグネシウムが豊富に含まれるので、バランスの取れた食物を摂取している健康な人々におけるマグネシウム欠乏症は極めて希です(1)

胃腸の病気(長期間続く下痢、クローン病、腸の部分の外科手術による除去)、腎障害(真性糖尿病におけるマグネシウムの尿損失の増加と特定の利尿剤の長期使用)および、慢性アルコール中毒症を伴う人々はマグネシウム欠乏症のリスクが増加します。

さらに、消化管のマグネシウム吸収は、加齢と共に減少する傾向にあり、尿のマグネシウム排出は、年齢に伴って増加する傾向があります(4)

症状

重症のマグネシウム欠乏症は希ですが、人体内で実験的に誘発されたことはあります:血清マグネシウム濃度の低下(「低マグネシウム血症)と共に、深刻なマグネシウム欠乏症の兆候には、低血中カルシウム濃度(「低カルシウム血症」) 、低血清カリウム濃度(「低カリウム血症」)、ナトリウムの貯留、神経系と筋肉の兆候 (例えば、筋肉痙攣)、食欲不振、吐き気、嘔吐および、人格変化が含まれます(3)

 

This site uses cookies to store information on your computer.

詳細情報